特集

ニュース

  • CFOは17歳の女子高生

    ユーグレナは2019年10月、17歳の女子高生を初代CFOに任命した。持続的成長に向けて、将来世代の声を経営に取り入れる。

  • PRI、「2025年に備えよ」

    ESG投資家を束ねる「PRI」が将来の気候変動政策の転換シナリオを発表した。2025年に予想される政策転換を、投資判断に織り込むべきだという。

  • 「ポスト愛知目標」の草案を発表

    国連は2030年に向けた生物多様性の新目標の草案を発表した。数値目標を盛り込み、企業の巻き込みを狙うが、達成の道筋は見えにくい。

インタビュー

ケーススタディ

  • バイオプラで世界初の事業化へ

    気候変動とプラスチック問題という地球規模の課題解決への貢献を目指す。「リサイクル」と「バイオマスプラスチック」を軸に技術開発に挑む。

  • 天然ゴムの持続可能な調達に挑む

    タイヤの需要が増える中、原料となる天然ゴムのサステナビリティが求められている。横浜ゴムは独自の活動と業界を挙げての活動の両輪で、CSR調達を目指す。

  • 始まりは、現場の気づきから

    SDGsを道標に2030年に目指す社会像を定めたグループ中期経営計画「Vision2021」をまとめた。CSVにつながる取り組みをグループで共有することを目的に、コンテストを実施している。

お知らせ