お知らせ

日経ESGサイトは9月24日(木)にリニューアルします。
15~17時に切り替え作業を実施するため、表示が崩れる場合があります。ご了承ください。

特集

ニュース

  • モーリシャス沖の油流出事故

    日本企業が関わる貨物船が座礁し、豊かな生態系を擁する海に重油が流出した。賠償金は自然修復コストを十分賄えるか。企業の対処に注目が集まる。

  • 東電、30年にCO2排出を半減へ

    東京電力ホールディングスがCO2排出量の総量削減目標を発表した。長﨑桃子常務執行役は「攻めのESG経営」を通じた顧客の脱炭素化に意欲を示した。

  • 女性登用、安定成長に評価

    米ハイテク業界で積極的に女性登用を進める。長期成長を掲げ、投資プランを公表して、投資家からの信頼を得る。

インタビュー

ケーススタディ

  • 製品と事業の両輪で脱炭素化

    いすゞ自動車は2020年3月、脱炭素を掲げた「いすゞ環境長期ビジョン2050」を策定した。ビジョンでは製品ライフサイクルと事業活動の双方で温室効果ガスゼロを目指している。

  • キリンHD、コロナ後も原則在宅勤務に

    キリングループは働き方改革の一環として副業を認め、セミナーの参加も補助する。コロナ禍で不確実性が高まる中、人材の多様性を高めて企業価値の向上を狙う。

  • 健康を重視した新しい街づくり

    SDGsの目標に直結した「水、食、電気」という3つのベース事業を展開している。最新の技術を組み合わせ、健康をテーマにしたスーパーヘルスケアシティの実現を目指す。

お知らせ