ケーススタディ

  • 循環経済の事業アイデア次々と

    三方よしの企業理念で原点回帰とESG経営へのコミットを表明した。業容が多岐にわたる商社が強みを発揮できる循環経済へと転換を図る。

  • 展示施設で人々の共感を育む

    協創をキーワードとしてステークホルダーと新たな課題解決の方法を探る。藤沢工場に隣接した施設「いすゞプラザ」の展示を通じ、ブランドイメージの向上を図っている。

  • 適切な情報発信で生活者の選択広げる

    風評被害に悩まされた看板商品のうま味調味料のイメージ回復に動き出した。リスクコミュニケーションのシステムを構築し、食と健康の偽情報を払拭する。

  • 郊外の戸建住宅団地に魅力を取り戻す

    高齢化と人口減少に悩まされている郊外の団地を、魅力あふれるまちに「再耕」する動きが進んでいる。成功へのカギは、オープンイノベーションと規制緩和、そして住民の自発性を促すことにある。

  • 水素が導く最先端の街づくり

    東京五輪・パラリンピックをきっかけにして、東京が大きく変わろうとしている。大会のレガシーとすべく整備を進めているのが、水素エネルギーを利活用した街だ。

  • バイオプラで世界初の事業化へ

    気候変動とプラスチック問題という地球規模の課題解決への貢献を目指す。「リサイクル」と「バイオマスプラスチック」を軸に技術開発に挑む。

  • 天然ゴムの持続可能な調達に挑む

    タイヤの需要が増える中、原料となる天然ゴムのサステナビリティが求められている。横浜ゴムは独自の活動と業界を挙げての活動の両輪で、CSR調達を目指す。

  • 始まりは、現場の気づきから

    SDGsを道標に2030年に目指す社会像を定めたグループ中期経営計画「Vision2021」をまとめた。CSVにつながる取り組みをグループで共有することを目的に、コンテストを実施している。

  • 東京建物、「食」の最先端施設で街を活性化

    東京から世界に向けて食文化を発信する「TOKYO FOOD LAB」。魅力ある街づくりでSDGs実現に貢献する。

  • NIK環境、災害復旧の要としてBCPを策定

    西日本豪雨の混乱を教訓に、非常事態を想定した初動計画を推進する。環境に関わる企業として資源循環型社会の構築を目指す。