50年に電力のCO2を半減へ、アンモニアが脱炭素の現実解に

■ 石炭火力発電所を改造してアンモニア混焼を実証 石炭火力発電プラントのボイラーに燃料のアンモニアを送り込むパイプラインを増設し、専用のバーナーに改造すれば混焼が可能になる。脱硝装置や脱硫装置などはそのまま使用できる。アンモニアは燃料の輸送技術が進んでおり早期実用化が期待できる<br><span class="fontSizeS">(出所:JERA)</span>
■ 石炭火力発電所を改造してアンモニア混焼を実証石炭火力発電プラントのボイラーに燃料のアンモニアを送り込むパイプラインを増設し、専用のバーナーに改造すれば混焼が可能になる。脱硝装置や脱硫装置などはそのまま使用できる。アンモニアは燃料の輸送技術が進んでおり早期実用化が期待できる
(出所:JERA)