聞き手/小林 暢子(日経BP 総合研究所主席研究員)

環境負荷の低減のため、紙の使用削減に取り組む企業が増えている。プリンターを扱う企業として、顧客のペーパーレス化を支援するプランを提供する。

顧客のペーパーレス化を支援する新たなプランを発表しました。その背景と内容を教えてください。

中野 雅陽(なかの・まさはる)
中野 雅陽(なかの・まさはる)
エプソン販売 取締役 販売推進本部長
神奈川県生まれ。1987年エプソン販売入社。2006年同社宣伝部長、15年広報・宣伝部長、17年広域・量販営業本部副本部長、19年販売推進本部長を経て、同年6月より現職(写真:村田 和聡)

中野 雅陽 氏(以下、敬称略) 以前から当社では、オフィスでの使用状況に合わせてインクジェットプリンターの機種を選び、機器使用料、規定枚数までのインク、メンテナンスボックス費用、保守サービスを含めた月々定額のオール・イン・ワンプラン「スマートチャージ」を展開してきました。しかし、コロナ禍となって以降、リモートワークが広がり、オフィスでのプリント機会は減少傾向にあります。環境への配慮やコスト削減、業務の効率化といった面からペーパーレスに取り組み、働き方改革を進める企業も増えています。

 こうしたお客様の現状やニーズに応えるために、新たに「ペーパーレスサクセスプラン」の提供を開始しました。オール・イン・ワンプランのメリットはそのままに、月々の基本使用料金とプリント規定枚数を契約期間の5年間で毎年段階的に下げていくものです。5年後の契約更新時に、その時のお客様の利用状況などに合わせて、最適な機種やプラン内容に変更していきます。

あえて自社の売り上げを減らすプランを投入したのはなぜですか。

中野 当社のインクジェットプリンターは家庭用での認知度は高いものの、ビジネス市場でのシェアには課題があります。そこで、お客様に寄り添うプランを提供することでシェアを高め、ビジネス拡大につなげていきたいと考えました。一方、お客様にとっても新プランの利用により、計画的に印刷枚数を削減できるうえ、レーザープリンターから低消費電力のインクジェットプリンターに置き換えることで、コストダウンはもちろん、CO₂排出量を削減でき脱炭素化に貢献できます。こうしたwin-winの展開を目指すためのプランと位置付けています。

企業がペーパーレスを推進するうえでどのような障害があり、それを克服するためにどのような施策で支援しますか。

中野 単に「ペーパーレスを進めよう」とアナウンスするだけでは紙を減らそうという行動につながりません。まずは、現状把握が重要です。当社では、初めに「印刷環境アセスメント」を実施し、お客様の出力環境での電力使用量やCO₂排出量を把握し、分析します。これにより課題解決のための具体策を導き出し、「ペーパーレスサクセスプラン」と併せて提案することで実効性を高めます。さらに、業務フローの見直しも必要です。当社では全社的に紙削減活動に取り組み、社内文書や押印などをできるだけ電子化し、紙の使用量を半減することを目標にしています。こうしたノウハウも提案しながら、お客様のペーパーレス化をサポートしています。

■ オフィスのコストダウンと脱炭素化をサポートする「ペーパーレスサクセスプラン」
■ オフィスのコストダウンと脱炭素化をサポートする「ペーパーレスサクセスプラン」
月々定額のプランに比べ印刷枚数が段階的に減っていくことで、「計画的な印刷環境改善による業務改革」と「着実なコスト削減」へ導く
プラン例(価格は税別)
(出所:エプソン販売)