聞き手/田中 太郎(日経ESG経営フォーラム事業部長)

1880年の創業以来、世界有数の水産バリューチェーンを基盤に発展してきた。総合食品企業として、より強固な地歩を築き、未来の生態系や地球環境と向き合う。

2018年からスタートした中期経営計画「Innovation toward 2021」に合わせて、「長期経営ビジョン」を策定しました。その狙いをお聞かせください。

池見 賢(いけみ・まさる)
池見 賢(いけみ・まさる)
マルハニチロ 代表取締役社長
1957年兵庫県生まれ。81年マルハニチロ入社。2017年取締役、19年より専務執行役員を兼務。20年4月代表取締役社長に就任(撮影:川田 雅宏)

池見 賢 氏(以下、敬称略) 水産物と加工食品の枠組みを超えたグローバルな総合食品企業になりたいとの強い思いがありました。この背景には、マルハとニチロが統合して生まれた当社の成り立ちがあります。両社は漁業会社として日本の水産業をけん引してきましたが、1977年の200海里漁業規制によりマルハは水産商事へ、ニチロは食品加工メーカーへとかじを切りました。そして2007年に経営統合を果たし、14年にグループ内主要6社を統合して一体となりました。これによりマルハの「水産物調達力」とニチロの「食品加工」という強みを生かせるようになりましたが、まだ十分とはいえません。水産業は、国内では魚食量の減少などもあり苦戦していますが、海外では健康ブームや魚の良質なタンパク質需要で成長産業と目されています。このような状況を踏まえ、水産と加工食品の垣根を超えて新たなバリューチェーンを創り、調達した水産物を加工して市場にお届けする「総合食品企業」としてさらなる成長を目指します。

ブランドステートメントに込めた思いを教えてください。

池見 当社の原点は海であり、海からの恵みを生かした「食」を通じて世界の人々に生きる活力をご提供しています。事業を継続し、発展させるために、未来の生態系や地球環境と向き合うことが責務と考えています。その思いを「海といのちの未来をつくる」というメッセージに託しました。ブランド戦略と中期経営計画を結合させ、マルハニチロは健康や安全といった付加価値の高い食を提供できる会社であることを訴求していきます。

グループ150社、1万1000人以上の社員に浸透させるのは難しいと思いますが、どう工夫していますか。

池見 13年にマルハニチログループ傘下にあったアクリフーズの農薬混入事件から教訓を得ました。事件の第三者検証委員会から提言を受け、グループ内で理念を共有する重要性を痛感しました。これをきっかけに全役員がグループ会社の全拠点を訪問し、社員と直接対話をしています。14年から始めた役員訪問は現在も継続しており、事件の再現ビデオや企業理念を伝える冊子を活用して、講義やワークショップなどを行いビジョンの共有化を図り、事件を風化させないように努めています。

■マルハニチログループの事業とバリューチェーン
■マルハニチログループの事業とバリューチェーン
出所:マルハニチロ
[クリックすると拡大した画像が開きます]