では、CEが掲げる循環型のビジネスを推進するためにはどうすればよいのでしょうか。CEは従来の調達、製造、販売、利用、廃棄を「供給」視点で組み立てた長期のサイクルではなく、「利用」視点から再販売や再利用・リメイクなどを組み合わせ、モノをより短期のサイクルで循環させ、無駄なく資産を活用する仕組みです。このため、モノをどのようにして循環させていくかという視点から、次の5つのビジネスモデルに分類することができます。

■ サーキュラーエコノミーの全体像と5つのビジネスモデル
従来は、調達、製造、販売、利用、廃棄を「供給」視点で組み立てた長期のサイクルでビジネスが成り立っていた。これに対して、「利用」視点から再販売や再利用・リメイクなどを組み合わせ、モノをより短期のサイクルで循環させ、無駄なく資産を活用するのがCEのビジネスモデルである
[クリックすると拡大した画像が開きます]

➀サーキュラー型のサプライチェーン(循環型サプライ)
例えば生分解性のある100%再生可能な原材料を使用するなど、製品の設計・製造段階から回収・再利用しやすい素材を選ぶ取り組みが含まれます。これによりコスト削減と環境負荷削減の両立を図ることができます。

②シェアリング・プラットフォーム
配車サービスのUberや民泊のAirbnbなどに代表されるものです。スマートフォンやAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)などのデジタル技術の発展により、モノや資産の共同利用を促進し、稼働率を最大化する取り組みがスタートアップ企業を中心に盛んになっています。

➂製品のサービス提供
消費者は必要なときだけモノを使い、使った分の利用料を支払えば、モノを所有する必要がなくなります。企業にとっては製品売り切り型のビジネスを手放すことでモノの販売量が減る可能性がありますが、継続したサービス提供を通じ、長期にわたって顧客の課題解決に注力することで従来以上の利益を上げることも可能です。

④製品寿命の延長
「ドリルを買う人が欲しいのはドリルではなく『穴』である」というマーケティングでの有名な格言が示す通り、成果に価値があることに着目し、完成品もしくは部品単位で長期にわたって利用できるようにして継続的な価値を創出することで新たな収益を生み出すモデルです。デザイン、修理、部品の調整、アップグレード、二次使用での再販などが含まれます。これらの手法で製品寿命を延ばすことで、企業は顧客との新たな、かつ中長期的な接点を持つことになり、ブランドロイヤリティーの向上や、製品についてより多くのフィードバックを得ることも可能です。

➄回収とリサイクル
製品が寿命を迎えたら、速やかにリサイクルして原材料を製造サイクルに戻し、より高い付加価値を生み出すモデルです。現状の大半の製品は寿命が切れた後のことを考慮して設計されてはいませんが、原材料を高品質のまま回収し、素早くバリューチェーンに戻せるように取り組むことが重要です。

 ここに挙げた5つのビジネスモデルは、各国の状況や業界、ビジネスの規模と構造、製品種別などによって適用条件が大きく異なりますが、それぞれ密接に関わり合っています。5つのモデルが相互に連携することで、CEの最大価値を創出できるのです。次回から、具体的な事例を基に、日本におけるCEの必要性や可能性について解説していきます。