「Creating Shared Value=共有価値の創造」の略で、社会課題の解決と企業の利益や競争力の向上を両立させて、社会と企業の双方に価値を生み出す取り組みのこと。企業戦略論の第一人者として知られる米ハーバード大学のマイケル・ポーター教授がCSR(企業の社会的責任)に代わる概念として2011年に論文で打ち出した。社会的なニーズや問題に取り組むことで社会的価値を創造し、その結果として経済的価値が創造されるという。

 ポーター教授は、企業が社会との共有価値を創造するために3つの方法を挙げている。1つ目は、製品と市場を見直す。公的機関が対応してきた社会課題について、自社の製品やサービスがどう解決できるかを探索しながら新規事業を創出する。2つ目は、自社のバリューチェーンの生産性を再定義する。効率化を通じたコスト削減や調達先の育成を通じて高品質材料を安定的に調達できるようにするなどして社会問題を解決する。3つ目は、企業が拠点を置く地域を支援する産業クラスター(集積)を作ることだ。