日経BP環境経営フォーラムは、2014年1月22日(水)に、環境コミュニケーション研究会「枠組み決定、統合報告最前線」を開きます。


●環境コミュニケーション研究会
「枠組み決定、統合報告最前線」
講師:新日本有限責任監査法人 統合報告推進室長 市村清氏


 短期・中期・長期的に企業がどのように価値を高めていくかについて報告する「統合報告」の枠組みが、2013年12月9日に発表されました。
 枠組みが意図する内容とは何か。非財務情報を企業報告に取りこむ流れが高まるなか、企業として押さえておきたいポイントは何か。枠組みの策定にあたってIIRC(国際統合報告評議会)ではどこが議論になったか。
 統合報告に関する最新状況について、新日本有限責任監査法人統合報告推進室長の市村清氏に分かりやすく解説していただきます。ふるってご参加ください。

■主催:日経BP環境経営フォーラム(EMF)
■日時:1月22日(水)10:00~11:30
■会場:日経BP社 4階会議室
〒108-8646 東京都港区白金1丁目17番3号 NBFプラチナタワー
最寄り駅 「白金高輪駅」 4番出口と直結
東京メトロ・南北線、都営地下鉄・三田線
■地図:http://corporate.nikkeibp.co.jp/information/corporate/map.shtml

■プログラム:
9:30 開場
10:00~11:10 講演
(仮)「企業価値をどう打ち出すか、統合報告の枠組みを読み解く」
   新日本有限責任監査法人 統合報告推進室長 市村清氏

11:10~11:30 質疑応答


★市村清氏の略歴:1980年、慶應義塾大学経済学部卒業。30年以上会計監査に従事し、2001年から日本公認会計士協会の理事、2007年から常務理事を務める。2010年から、IIRC(国際統合報告評議会)のワーキングメンバーとして、統合報告の枠組みの作成に携わった。2011年以降、新日本有限責任監査法人の統合報告推進室室長として統合報告の作成と普及活動を行う。著書に「統合報告導入ハンドブック――新しい企業報告の考え方・作り方」(第一法規)がある。


■参加費:日経BP環境経営フォーラム会員      : 無料
★【EMF会員、無料】このセミナーのお申込はこちらから↓(会員限定)
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=emf08/index.html

≪お問い合わせ先≫
日経BP環境経営フォーラム事務局
TEL 03-6811-8803 E-Mail: emf@nikkeibp.co.jp


みなさまのお申し込み、ご参加を、心よりお待ちしております。