2月17日(月)に、日経BP環境経営フォーラム(EMF)協力の国際シンポジウム「自然資本と企業・自治体経営」を開催します。世界銀行の環境エコノミストや自然資本宣言企業であるネスレ担当者などを海外からお呼びし、自然資本の今後や、企業の取り組むべき方向について議論します。


●国際シンポジウム「自然資本と企業・自治体経営」


 2010年に生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で愛知目標が採択されて以降、2012年のリオ+20では59カ国・88社が国家・企業会計に自然資本を盛り込むことに合意するなど、自然資本を国家や企業の会計および経営に盛り込む取り組みが国際的に活発化しています。本シンポジウムでは、「生態系と生物多様性の経済学(TEEB)」をとりまとめたパバン・スクデフ氏をはじめ、国内外で自然資本に関する取り組みをリードする専門家を集め、自然資本経営を巡る国内外の最新の動向を紹介し、日本で導入を進めるための方策について議論します。
 自然資本の50/50プロジェクトを主導する世界銀行の上級環境エコノミストであるグレン・マリア・レンジ氏や、自然資本宣言をしたスイスの食品大手ネスレの持続可能性ステークホルダー・エンゲージメント部長のダンカン・ポラード氏も講演します。ふるってご参加ください。


■主催:環境省、コンサベーション・インターナショナル・ジャパン(CIジャパン)、公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)
■協力:日経BP環境経営フォーラム(EMF)
■日時:2014年2月17日(月)14:00-18:00(13:30受付開始)
■会場:東京国際交流館国際交流会議場
〒135-8630 東京都江東区青海2丁目2番地1号
・ゆりかもめ「船の科学館」東出口より徒歩約3分
・りんかい線「東京テレポート」B出口より徒歩約15分
■地図:http://www.jasso.go.jp/tiec/map.html#tiec


■参加費: 無料
◇プログラム(予定)
●第1部:基調講演
・「2020年に向けた自然資本経営:日本への提言」
 パバン・スクデフ(GISTアドバイザリーCEO、TEEBスタディーリーダー、CI理事)
・「国際的な自然資本会計の動向:50/50プロジェクトとWAVES」
 グレン・マリア・レンジ(世界銀行上級環境エコノミスト)


●第2部:事例紹介
・「自然資本に関する英国の動向」
 ジョナサン・ヒューズ(世界自然資本フォーラムプログラムディレクター
  IUCN地域理事、スコットランドワイルドライフトラストディレクター)
・「ネスレの自然資本宣言」
 ダンカン・ポラード(ネスレ持続可能性ステークホルダー・エンゲージメント部長)
・「ナチュラ・コスメティコスの取り組み」
 ヘレナ・パブセ(CIアメリカ部門開発ディレクター、TEEBブラジルコーディネーター)
・「自然資本を取り入れた自治体経営:下川町の事例」
 春日隆司(下川町 環境未来都市推進本部長)
・「自然資本に配慮した日本企業の経営事例」
 キリンホールディングス、味の素


●第3部:パネルディスカッション
・コーディネーター:
 藤田香(日経BP環境経営フォーラム生物多様性プロデューサー・日経エコロジー記者)

・パネリスト:
 金井司(三井住友信託銀行CSR担当部長)
 足立直樹(レスポンスアビリティ代表取締役、
 一般社団法人企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)事務局長)
 パバン・スグテフ(GISTアドバイザリーCEO)
 グレン・マリア・レンジ(世界銀行)他



★詳細、お問い合わせ、お申し込みはこちら↓
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17643

https://www.simul.co.jp/simul-conf/naturalcapital/registration.cgi


みなさまのお申し込み、ご参加を、心よりお待ちしております。