日経BP環境経営フォーラム(EMF)は、5月19日(月)に日経BP社で、環境マネジメント研究会「企業はESDにどう取り組むべきか」を開催します。


●環境マネジメント研究会「企業はESDにどう取り組むべきか」

 2005年1月1日から始まった国連「ESD(持続可能な開発のための教育)の10年」の最終年を迎え、今年11月10~12日に名古屋市で「ESDに関するユネスコ世界会議」が開催されます。岡山市ではステークホルダー会議が開かれます。本研究会では、文部科学省の籾井圭子・国際戦略企画官をお迎えし、ESDの10年がどのように進んできたか、同世界会議で何が議論されるか、について解説いただきます。また、3社の企業からESDの取り組み事例をご発表いただきます。企業が11月の世界会議にどのような形で参加すべきかヒントも得られます。本研究会にふるってご参加ください。


■主催:日経BP環境経営フォーラム
■日時:5月19日(月)14:00~16:30
■会場:日経BP社 4階会議室
〒108-8646 東京都港区白金1丁目17番3号 NBFプラチナタワー
最寄り駅 「白金高輪駅」 4番出口と直結
東京メトロ・南北線、都営地下鉄・三田線
■地図:http://corporate.nikkeibp.co.jp/information/corporate/map.shtml


■プログラム:

14:00~14:05  ご挨拶

14:05~15:00 基調講演
・文部科学省 国際戦略企画官 籾井圭子氏
 「国連ESD(持続可能な開発のための教育)の10年とその後の展望」(仮)

15:00~16:00 企業の事例紹介(各20分×3社)
・トヨタ自動車
 「トヨタのESD取り組みについて」(仮)
 トヨタ自動車 環境部 プロフェッショナル・パートナー 西堤徹氏

・損保ジャパン
 「SAVE JAPANプロジェクト ~地域との協働~」
 損害保険ジャパン CSR部 担当課長 金井圭氏

・伊藤園
 「企業にとってのESD/CSR/CSV――みんなで学ぶ時代」(仮)
 伊藤園 取締役 CSR推進部長 笹谷秀光氏

休憩(5分)
■16:05~16:30 質疑応答


■参加費 : 日経BP環境経営フォーラム会員限定 無料
★【EMF会員】このセミナーのお申込はこちらから↓
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=emf07/index.html

≪お問い合わせ先≫
日経BP環境経営フォーラム事務局
TEL 03-6811-8803 E-Mail: emf@nikkeibp.co.jp

みなさまのお申し込み、ご参加を、心よりお待ちしております。