9月18日(木)開催の日経エコロジー先出しLive!(EMF研究会)をお知らせします。これまで日経エコロジーLive!は、日経エコロジーで好評だった記事をEMF研究会で紹介するかたちをとってきました。今回は初の試みとして、本研究会で対談した内容を日経エコロジー12月号(11月8日発売)のコラム論点争点「待ったなし!企業のアスベスト対策」(仮題)で記事化する予定です。アスベストの論客2人による白熱した対談が期待されます。


●日経エコロジー先出しLive!「アスベスト対策の最前線と落とし穴」
 企業のアスベスト対策が喫緊の課題として再浮上しています。2014年6月に施行された改正大気汚染防止法では、アスベスト含有建材がある建物の解体工事などの届出義務者が、施工業者から発注者へと変わりました。これは建物を所有する企業が、工事の安全性にまで責任を負うことを意味します。同じく6月、労働安全衛生法の石綿障害予防規則が改正されました。企業はオフィスや工場で働く従業員を守るため、従来より幅広い種類の含有建材の飛散防止対策が必要になりました。今、企業は何をすべきか。2人の専門家がアスベスト対策の最前線を解説します。

■主催:日経エコロジー、日経BP環境経営フォーラム
■日時:2014年9月18日(木) 14:00-16:30
■会場:TKP田町カンファレンスセンター
〒108-0014 東京都港区芝5-29-14田町日工ビル
■地図:http://tkptamachi.net/access.shtml/


■プログラム:
14:00-14:05 開会挨拶
14:05-14:35 講演 中皮腫・じん肺・アスベストセンター事務局長 永倉冬史氏
「アスベスト飛散事故の実態と原因」
14:35-15:05 講演 エコ24専務取締役 宮崎恒一氏
「法規制強化への対策~見て見ぬふりはもうできない~」
15:05-15:20 質疑応答
(休憩) 10分
15:30-16:20 永倉氏、宮崎氏による対談
(コーディネーター、日経エコロジー記者 吉岡陽)
「企業のアスベストリスク管理の課題と現行法制の問題点」
16:20-16:30 質疑応答


■参加費:日経BP環境経営フォーラム会員      : 無料

★【EMF会員、無料】このセミナーのお申込はこちらから↓(会員限定)
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=emf02/index.html


≪お問い合わせ先≫
日経BP環境経営フォーラム事務局
TEL 03-6811-8803 E-Mail: emf@nikkeibp.co.jp

みなさまのお申し込み、ご参加を、心よりお待ちしております。