日経BP環境経営フォーラムは、2015年4月13日(月)に、要人を囲んでのEMF研究会「ESG/非財務情報の最新動向」を開催します。WBCSDなどが参加する「自然資本連合」を結成したパバン・スクデフ氏(元ドイツ銀行取締役、GRI理事)を囲んで、世界で広がるESG投資や自然資本の動きについて情報交換をします。


●要人を囲んでのEMF研究会「ESG/非財務情報の最新動向」

 昨年末に従業員500人以上の企業に対して非財務情報の開示を義務付けるEU指令が発行しました。欧州では機関投資家による企業へのE(環境)S(社会)G(ガバナンス)投資が活発化しています。世界の機関投資家は日本企業のESGをどう評価しているか。また、ESGとも大きく関わる自然資本の標準化作りはどこまで進んでいるか。
 WBCSDなども参加する「自然資本連合」を結成したパバン・スクデフ氏(元ドイツ銀行取締役、GRI理事)の来日にあわせ、スクデフ氏を囲んで、ESG投資や自然資本の動きについて情報交換をします。通訳がつきます。皆様の日頃の疑問をスクデフ氏にたずねる良い機会ですので、ふるってご参加ください。

■主催:日経BP環境経営フォーラム
■日時:2015年4月13日(月) 18:00~20:30
■会場:TKPガーデンシティ御茶ノ水 カンファレンスルーム3B
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3丁目11-1 三井住友海上駿河台新館(事務所3F)
TEL:03-5283-6211(事務所直通)

最寄り駅:JR御茶ノ水駅の聖橋出口 徒歩4分、千代田線の新御茶ノ水駅B3b出口 直結、都営新宿線の小川町駅B3b出口 直結、丸の内線の淡路町駅B3b出口 直結

■地図:http://tkpochanomizu.net/access.shtml


■プログラム:
18:00~18:30 講演「ESG/非財務情報の最新動向」(逐次通訳)
元ドイツ銀行取締役、GRI理事、自然資本連合 パバン・スクデフ氏

18:30~20:30
スクデフ氏との意見交換会&質疑応答(逐次通訳)

ファシリテーター
日経BP環境経営フォーラム 生物多様性プロデューサー 藤田香
レスポンスアビリティ 代表取締役 足立直樹氏

テーマ
・世界の機関投資家は企業をどう見始めているか。ESGをどう評価しているか。
・欧米マネーは日本株をどう見ているか。
・自然資本会計のプロトコル作りはどこまで進んでいるか。
当日は通訳がつきます。できるだけ双方向の会になることを期待しています。参加者からは、日頃抱いている疑問や、スクデフ氏への質問やコメントをどしどしいただけると有難いです。

■参加費:日経BP環境経営フォーラム会員      : 無料
★【EMF会員、無料】このセミナーのお申込はこちらから↓(会員限定)
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=emf07/index.html


≪お問い合わせ先≫
日経BP環境経営フォーラム事務局
TEL 03-6811-8803 E-Mail: emf@nikkeibp.co.jp

みなさまのお申し込み、ご参加を、心よりお待ちしております。