日経BP環境経営フォーラム(EMF)は、7月22日(水)に日経BP社で、環境コミュニケーション研究会「読まれるCSRリポートの条件」というテーマでセミナーを開催します。


●環境コミュニケーション研究会
「読まれるCSRリポートの条件」

 今回のセミナーは、7月22日(水)に、「読まれるCSRリポートの条件」と題して、企業の社会・環境報告書、CSRレポート作りに焦点を当てます。日経エコロジー別冊「ecomom」は、子育て中の30代から40代前半の主婦が読者の中心の季刊誌です。ecomomは、昨年秋号・冬号で日経BP環境経営フォーラムとの共同企画として「企業の社会・環境報告書/CSRレポートを読んで、読者の声を届けようプロジェクト2014 」を実施しました。このプロジェクトには、住友林業、富士フイルムホールディングス、ヤマトホールディングス、カルピス、富士重工業が参加し、実際に社会・環境報告書/CSRレポートを読んだ感想がecomom読者から寄せられました。
 今回は、このプロジェクトの結果をもとに、実際にプロジェクトに参加した企業の方にもご登壇いただき、魅力的な報告書、レポート作りを考えます。パネルディスカッションでは、ecomomの村上編集長が、企業の皆さんと、企業の実例などから「消費者に読まれる」レポート作りのために何をすべきか、を考えます。関係部署の方もお誘いあわせの上、奮ってご参加ください。

■主催:日経BP環境経営フォーラム

■日時:7月22日(水) 14:00 ~ 16:30

■会場:日経BP社 4階会議室
〒108-8646 東京都港区白金1丁目17番3号 NBFプラチナタワー
最寄り駅 「白金高輪駅」 4番出口と直結
東京メトロ・南北線、都営地下鉄・三田線

■地図:http://corporate.nikkeibp.co.jp/information/corporate/map.shtml


■プログラム:
13:30     開場 
14:00~14:10  EMF事務局/ecomom挨拶

14:10~14:50  
基調講演 
「顧客視点から見直すCSRリポート~CSRリポートを最大限活用する方法」(仮題)
海野みづえ 創コンサルティング代表

14:50~15:10  
ecomom「企業の社会・CSR報告書を顧客とのコミュニケーションに生かす」
村田友和 日経BP社経営情報広告 ecomom担当

15:10~16:30 パネルディスカッション・質疑応答
・コーディネーター 村上富美 ecomom編集長
・パネリスト 住友林業、ヤマト運輸(予定)

当日のタイトルなどは、変更になる場合がございます。

■参加費 : 無料 

★【EMF会員、無料】このセミナーのお申込はこちらから↓
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=emf11/index.html


≪お問い合わせ先≫
日経BP環境経営フォーラム事務局
TEL 03-6811-8803 E-Mail: emf@nikkeibp.co.jp

みなさまのお申し込み、ご参加を、心よりお待ちしております。