日経BP環境経営フォーラムは、2016年9月1日(木)にEMF分科会「ミャンマーにおけるサステナビリティ経営研究会」(第2回)を開催します。


●EMF分科会「ミャンマーにおけるサステナビリティ経営研究会」

概要:
 経済成長に弾みがつきだしたミャンマー。この国で信頼を得た事業を展開するには、社会課題を解決し国の長期的発展に寄与するビジネスが大事になります。これには環境問題や人権侵害、地域の持続性の問題など、新興国に特有のCSRが求められます。
 そこで、ミャンマーでの「サステナビリティ経営」を検討する研究会(第2回)を開催いたします。進行は同国の産学でアドバイザリーを展開している創コンサルティング代表の海野みづえ氏がとり行います。
 第2回目となる今回は富士ゼロックスCSR部の荒木氏にミャンマーでのCSR活動についてご紹介いただきます。創コンサルティングの海野氏からは、現地の大学での講座を踏まえ、大学の生かし方を考察します。講演終了後は、質疑応答や地域活動を事業にどう生かしていくかについて討議する時間も設けていますので、是非、この機会にご聴講ください。


主催:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

日時:9月1日(木) 15:00~17:00 (開場14:30)
    
会場:創コンサルティング会議室
東京都港区南青山2-2-8 DFビル5F(オープンオフィス内)

■地図:http://www.sotech.co.jp/company/510


■EMF会員限定(入場無料)

■プログラム (都合により変更になることがあります)

15:00~15:30 「ミャンマーでのCSR活動の事例とディスカッション」
         富士ゼロックスCSR部     荒木  祐子氏

15:30~16:00  「大学のプログラムを活用したCSR展開の提案」
      創コンサルティング代表   海野 みづえ氏

16:00~17:00 質疑応答・討議


★【EMF会員、無料】このセミナーのお申込はこちらから↓(会員限定)
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=emf11/index.html


※海野みづえ(創コンサルティング 代表取締役)氏
ローランドベルガーを経て、1996年に(株)創コンサルティングを設立。サステナビリティ分野に特化した経営アドバイザリーを展開。ミャンマーの大学において連続講座を開催している。ヤダナボン大学(ミャンマー)客員教授、東京大学大学院非常勤講師。著書に、「企業の社会的責任[CSR]の基本がよくわかる本」(中経出版社)、「新興国ビジネスと人権リスク」(現代人文社)などがある。
http://www.sotech.co.jp


≪お問い合わせ先≫
日経BP環境経営フォーラム事務局
TEL 03-6811-8803 E-Mail: emf@nikkeibp.co.jp

みなさまのお申し込み、ご参加を、心よりお待ちしております。