日経BP環境経営フォーラムは、2016年12月21日(水)に生物多様性研究会「サステナブル経営と森林保全」を開催します。


●生物多様性研究会「サステナブル経営と森林保全」

概要:サステナブル経営を考えるにあたり、森林の保全を考えた経営は欠かせないテーマになっています。「森林の持続可能な管理」はSDGs(持続可能な開発目標)の17目標の1つの中にも入っており、森林保全は温室効果ガス削減を考える上でも重要なテーマです。
 本研究会では、先進企業の森林保全の取り組みを紹介します。合わせてJICAが海外で展開するREDD+の最新動向を、企業事例を踏まえてお伝えします。今回は研究会終了後に立食形式で講師との懇談会を予定しています。貴社の今後の環境経営の参考になるテーマですので、この機会にぜひ、ご聴講ください。

◇主催:日経BP環境経営フォーラム

◇日時:2016年12月21日(水)15:30~17:30 研究会 (開場15:00)
              17:30~19:30 懇談会 (立食形式・無料)

◇会場:JICA研究所(市ヶ谷)
    〒162-0845 東京都新宿区 市谷本村町10−5
     電話:03-3269-2911

■地図:https://www.jica.go.jp/jica-ri/ja/about/access.html


◇プログラム:(当日のタイトルなどは、変更になる場合がございます)

15:30~15:35 主催者挨拶

15:35~16:05 基調講演「住友林業のサステナブル経営と森林保全」(仮題)
講師: 住友林業 CSR推進室長 飯塚 優子氏

16:05~16:50   講演「REDD+とカーボンプライシング」(仮題)

「REDD+とは?」(仮題)
講師:国際航業 海外事業部 自然環境部 部長 山崎 秀人氏

「市場・カーボンプライシングに関して」(仮題)
講師:国際航業 調査研究開発部 主席研究員
環境・エネルギー政策担当部長 丹本 憲氏

16:50~17:15  講演「森林保全分野の国際協力とREDD+」
講師:JICA 地球環境部審議役兼次長 宍戸 健一
     (森から世界をかえるREDD+プラットフォーム事務局代表)

1.JICAの森林保全の取り組み
2.REDD+事例紹介(プラットフォーム加盟企業の活動事例ほかとして紹介)
3.トピック(JAXA衛星活用、池上彰取材:パナマ森林保全など)


17:15~17:30 意見交換・質疑応答

17:30~19:00 懇談会 (立食形式・無料)


◇参加費:無料

★このセミナーのお申込はこちらから↓(EMF会員の方)
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=emf14/index.html


★このセミナーのお申込はこちらから↓(一般の方)
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=emf04/index.html


≪お問い合わせ先≫
日経BP環境経営フォーラム事務局
TEL 03-6811-8803 E-Mail: emf@nikkeibp.co.jp

みなさまのお申し込み、ご参加を、心よりお待ちしております。