「プラスチックごみゼロ」へなだれ打つ企業

■ プラスチックリサイクルで2030年に600億ドルのビジネスチャンス 今後、技術開発を進め、設備投資をし、使用済みプラスチックのリサイクル率を2019年現在の16%から50%まで高める。そうすることで、2030年に年間約600億ドル(約7兆円)の利益が生まれると予測する<br><span class="fontSizeS">(出所:米マッキンゼー・アンド・カンパニー)</span>
■ プラスチックリサイクルで2030年に600億ドルのビジネスチャンス今後、技術開発を進め、設備投資をし、使用済みプラスチックのリサイクル率を2019年現在の16%から50%まで高める。そうすることで、2030年に年間約600億ドル(約7兆円)の利益が生まれると予測する
(出所:米マッキンゼー・アンド・カンパニー)