投資家ごとにカスタムメイド

――グリーンボンド、ソーシャルボンド、サステナビリティボンドなど最近は様々なタイプのボンドが発行されています。アムンディはどのタイプのボンドに関心を持っていますか。

ビクフィリップ 世界のグリーンボンド市場はまだ小さく、ソーシャルボンドとなるとさらに市場規模が小さくなります。

 環境と社会の両方の視点を取り入れたサステナビリティボンドも発行されていますが、こちらはより難しいですね。資金使途が不明瞭になる心配があります。投資後のレポートでも、どの程度の割合で環境配慮、社会配慮に資金が使われたか判断が難しく、我々もダブルチェックの手間がかかります。

 ですから発行体にはピュアなグリーンボンド、ピュアなソーシャルボンドをお薦めしています。

――投資家はESGのどんなテーマに関心を寄せていますか。

ビクフィリップ 最近、投資家から、カスタムメイドのファンドへのニーズが高まっています。例えばCO2排出量が多いセクターを外してほしい、たばこのセクターを外してほしいといった要望です。こうしたカスタムメイドの債券の場合、投資家と相談しながら組成し、運用します。

 投資家の関心が最も高いのは気候変動関連です。エネルギー転換によってCO2排出がどの程度回避され、気候変動にどれだけのインパクトをもたらしたかに、投資家は大きな興味を示しています。

 我々もインパクト評価は非常に重要だと考えています。グリーンボンドもソーシャルボンドも、発行体はなぜそのプロジェクトを選んだのか分析し、説明する責任があります。KPI(重要業績評価指標)も示さないといけません。先ほど紹介した「インパクト・グリーンボンド・ファンド」では、レポートでCO2削減の寄与を明確にしているものしか我々は投資していませんが、このファンドへの需要も高まっています。

――グリーンボンドの信頼性を示すものとして、セカンドオピニオン、検証、認証、格付けと4タイプあります。重視するのはどれですか。

ビクフィリップ 欧州ではセカンドオピニオンが最も一般的ですが、どのタイプでも問題はないでしょう。重要なのは、グリーンボンド原則に準拠し、しっかりとしたレビューがされることです。

――日本企業が発行するグリーンボンドやソーシャルボンドへの興味は。

ビクフィリップ 欧州市場では日本企業が発行したボンドはまだ少なく、メガバンクが発行したものしかありません。しかし、アジアの企業への注目度は高まっていますので、今後発行の要請が高まるでしょう。