事務局長の斎藤です。3月3日、フォーラムの特別会員企業を対象に2019年度2回目のトップミーティング(朝食会)を開きました。今回は、コーポレートガバナンスの第一人者である久保利英明弁護士に「第三者委員会の格付けから見えた日本企業の問題」「経営者は企業のガバナンスにどのように向き合うべきか」などをテーマに講演をいただきました。
 個人的には、第三者委員会の限界は日本のガバナンスの限界でもあるとの話や、「コーポレートガバナンス」「コンプライアンス」「アカウンタビリティー」という言葉の本来の意味を考えるべきだという話が興味深かったです。特に「コーポレートガバナンス」について、「『企業統治』ではなく『経営者統治』と訳さないと本質が分からない」との話は、印象に残りました。講演後、意見交換の時間を90分間取りましたが、途切れることなく意見や質問が続き、充実した会になりました。
 フォーラムでは、今後も特別会員企業を対象に、トップミーティングを一層、充実させていきたいと考えています。ぜひご参加ください。

 事務局の高木です。新型コロナウイルス感染が世界各地に広がり深刻な事態となっています。今や多くの企業が時差出勤やテレワークなどを実施し、イベントも軒並み延期や中止となっています。ESG経営フォーラムでも3月に複数の研究会や分科会を予定しておりましたが、延期とさせていただきました。事態が収束し、開催の見通しが立ちましたら、改めて会員のみなさまにご案内いたします。
 すでに開催済みの研究会につきましては、オンラインセミナーにてご視聴いただけますので、ぜひこの機会にご活用ください。