事務局長の斎藤です。現在、ESGブランド調査を6月30日まで実施しています。本調査は対象企業を環境(E)、社会(S)、企業統治(G)の視点から、企業のブランドイメージを評価するもので、本年が初めての試みになります。
 20年間にわたり実施してきた「環境ブランド調査」を発展的に「ESGブランド調査」に改変するに当たっては、事務局内で数年にわたり議論を続けてきました。
 近年、人々が企業を見つめる視線は大きく変わっています。環境への配慮だけでなく、社員の働き方、地域社会との関係などESGに関わる要素も企業イメージに影響を与えています。最近ではそうした企業イメージをESG価値として分析したり、企業価値に反映させたりする動きも金融業界や学会などで強まっています。こうした変化を踏まえてESGブランド調査の実施に踏み切りました。
 本調査ではESGの各要素についての設問を設けたうえで、企業の総合的な取り組みについても伺っています。是非、下記のURLからアンケート調査にご協力ください。
https://xsurvey.nikkeibp.co.jp/researches/C13300110499b?aid=eb-hp

回答にあたっては各企業との日常的な接点や広報・宣伝活動を通じて得た認識を基にご記入をお願いできれば幸いです。