相馬 隆宏

花王は2030年を目標とするESG戦略を策定、公表した。企業価値のさらなる向上につなげられるか、真価が問われる。

 花王が2019年4月22日に公表したESG戦略「キレイライフスタイルプラン」は、19の目標を定めている(下の図)。

■「キレイライフスタイルプラン」の主な目標
花王のESG戦略「キレイライフスタイルプラン」では、19の取り組みと目標を設定した(上の表は一部抜粋)。社内だけでなく、消費者や取引先、NGO、投資家といった社外のステークホルダーの意見も取り入れている。目標達成に向けて、月1回程度進捗を管理し、将来的には達成度合いを社員の評価とも連動させる方針だ
(出所:花王の資料を基に作成)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

生活者目線のESG

生活者視点のESG戦略で独自性を打ち出した花王の澤田道隆社長

 「生活者の立場に立った身近に感じられるESGで、花王の存在感を出していきたい」(澤田道隆社長)という考えが色濃く表れているのが、「社会的課題に対応し、生活者の暮らしや社会で共感を得られる、存在意義のあるブランドの比率を100%にする」「ライフスタイルに大きく、ポジティブなインパクトを与える製品を10件以上提案する」──、といった目標だ。

 花王が環境や社会課題の解決につながる商品を開発し、生活者がこれを選択することによって、快適な暮らしを送れるだけでなく、環境や社会に貢献できるようにする。

 これを具現化した商品が、4月に発売した衣料用洗剤「アタック ZERO(ゼロ)」だ。汚れをしっかり落とし、かつ付きにくくするという機能面での付加価値に加えて、環境にも配慮している。

 新開発の洗浄基剤(界面活性剤)「バイオIOS」は、アブラヤシの実からパーム油を取り出す際の搾りかすを原料にする。新興国の人口増加で洗剤原料の需要拡大が見込まれる中、持続可能な調達につながる。

 現在、開発中のプラスチック製容器「エアインフィルムボトル」は、従来のボトル形容器と比べてプラスチックの使用量が約7分の1と大幅に少なく、単一素材のためリサイクルもしやすい。プラスチックごみによる海洋汚染の解決が期待できる。

 「戦略を立案し、世の中に示すだけでなく、確実に実行していく」(ESG部門の上山健一・副統括)ため、推進体制も強化している。取締役会の下に、ESGに関する最高意思決定機関のESG委員会を設置。取り組みの進捗を管理するESG推進会議を新設した。多様な視点を入れるため、社外の有識者から成るアドバイザリーボードも置く。

「アタック ZERO(ゼロ)」のテレビCMには人気俳優5人を起用した。汚れをしっかり落とし、かつ付きにくくするという洗剤の機能面の付加価値を生活者に広くアピールする