相馬 隆宏

ユニリーバ・ジャパンは男女平等の徹底へ向けて採用方法を見直した。履歴書から顔写真と性別情報を排除し、適性や能力のみに焦点を当てて選考する。

 「採用の履歴書から顔写真をなくします」─。英蘭ユニリーバの日本法人ユニリーバ・ジャパンは2020年3月6日、こんな新聞広告を出し、話題を呼んだ。

ユニリーバ・ジャパンが出した新聞広告(写真:ユニリーバ・ジャパン)

 同社はこの日の採用選考から、顔写真や性別に関する情報の提出を排除した。ウェブサイトでは、顔写真を貼る欄や性別を記入する欄がない独自の履歴書を提供する。姓名についても名字の欄だけで、性別を推定できる名前の欄はない。応募者は一般に入手できる履歴書も使えるが、仲介する人材紹介会社などが顔写真や性別に関する情報を伏せて採用担当者に渡す体制になっている。

4割が「写真が合否に影響」

シャンプーのロングセラー商品「LUX(ラックス)」のブランディングの一環として、男女平等を社会に広める(写真:ユニリーバ・ジャパン)

 これは、シャンプーの主力商品「LUX(ラックス)」のブランディングの一環である。ユニリーバは、ビジネスを通じて環境や社会課題を解決することを目指しており、ブランドごとに「パーパス(存在意義)」を設定している。ラックスは女性の活躍支援をパーパスとしており、今回の取り組みによって採用段階で男女平等を徹底することを目指す。

 同社が、採用の書類審査を担当する会社員や経営者424人を対象に実施した調査によると、「採用過程において男性と女性が平等に扱われていないと思う」と回答した人が26.6%いた。さらに、「写真の映り方の印象が合否に影響する」との回答が44%に上った。

 ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング ラックス ブランドマネージャーの河田瑶子氏は、「顔写真があることで、『気が強そうだな』『意見がなさそうだな』『自信がなさそうだな』といった印象を持ってしまう可能性がある。性別や年齢についても、例えば女性で30歳だったら、『そろそろ結婚して子供が欲しいかな』などという事実かどうかも分からない先入観を持つことがあり得る」と言う。

 先入観が候補者の評価に大きな影響を及ぼせば、採用のミスマッチにつながる恐れもある。自社にとって本当に必要な優れた人材を確保するためにも、男女関係なく公平な目で候補者を見ることが欠かせない。

 「書類審査の段階では、その人のモチベーションや履歴にフォーカスすべきであって、性別や見た目を気にすべきではない」(河田氏)。将来的には、年齢や学歴の記入欄を排除することも視野に入れる。

 面接の段階になれば、候補者の顔や性別が分かるため、面接官の思い込みで候補者がどういう人物かを決めつけてしまう可能性はある。それを避けるため、面接官には先入観は誰にでもあることを気付かせる訓練を実施している。

■ 従業員の採用過程において、男性と女性が平等に扱われていると思うか
[クリックすると拡大した画像が開きます]
■ 映り方の印象が、採用の有無に影響すると思うか
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ユニリーバ・ジャパンが2020年1月24~28日に、書類審査を担当する会社員や経営者424人を対象に調査した。性別に対する先入観や顔写真の印象が、選考に影響している実態がうかがえる
(写真:ユニリーバ・ジャパン)

 具体的には、架空の履歴書を見てどんな印象を持ったかを他の面接官と話し合ってもらう。同じ履歴書の情報でも自分とは違う受け取り方をする人が存在するというのを知ることで、先入観があることに気付かせる。思い込みで決めつけないことの大切さを伝え、面接では客観的な情報を収集するよう努めさせる。

 ユニリーバは今回の取り組みについて、書類審査から面接に進むまでの男女比率や、ウェブサイトの採用ページへのアクセス数などを指標に成果を検証する。ラックスのブランディングを目的とした取り組みのため、ブランドに対する好感度や商品の売り上げの変化も見ていく。

 河田氏は、「もともと男性か女性かという目で見ていなかったが、性別の情報を物理的に取り除くことで、こうした動きが社会に広がるようメッセージを発信したい」と話す。

女性管理職が半分に

 ユニリーバは日本法人による採用の改革に先駆けて、20年3月3日、グローバルで女性管理職比率が50%に達したと発表した。10年に策定したサステナビリティの長期行動計画「ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン」で掲げた目標を1年前倒しで達成したことになる。アラン・ジョープ最高経営責任者(CEO)は、「ジェンダー平等は、世界中の社会・経済を発展させることのできる唯一かつ最大の鍵」と公言する。

 ESG投資の拡大を背景に、投資家はジェンダーダイバーシティ(性別の多様性)を投資先企業の評価に織り込む傾向が強まっている。世界的に見ると、日本企業は女性の役員や管理職が少なく、対応が急がれる。性別に対する無意識の先入観は男女平等の実現を妨げる大きな要因となっており、ユニリーバ・ジャパンの取り組みは一石を投じることになりそうだ。