日経ESG経営フォーラムではこの春から新たな取り組みとして、対話型の研究会を開催します。企画のきっかけは、会員の皆様から、「ウェブセミナーやオンラインセミナーは大変勉強になるけど、会員同士の対話や情報交換、交流ができないのが寂しい」という声を聞くようになったからです。新型コロナ感染症が蔓延する前は、リアルでグループに分かれて議論するような分科会も開催していましたし、年2回の情報交換会では会員同士や会員と編集部のみんなとの交流を楽しみに参加される方も多くいらっしゃいました。
そうしたご要望に少しでもお応えしたいと思い、対話型研究会を開催します。ZOOMにより、全体会の後に、ブレイクアウトルーム機能を使って小人数のグループに分かれ、互いに自己紹介(名刺交換)をし、ざっくばらんに意見交換したり交流ができるような内容にしたいと思っています。どなたでも気軽に参加できるようにしたいと思っていますので、ぜひご参加ください。
第1回のテーマに「ビジネスと人権」を選びました。このテーマで取り組みを始められている企業が多く、みなさん悩みを抱えております。グループで悩みや好事例を共有することが、自社での取り組みを進める励みにもなると考えています。基礎知識から企業の対策の好事例まで、広くかつ専門的な視点から進行したいと思っています。藤田香が担当します。