事務局長の斎藤です。フォーラムの2022年方針などを書いた新パンフレット(ウェブ版)を日経ESGのホームページに掲載しました。今年は「海外情報と調査研究の強化」「研究会テーマの多様化」を進めていきます。
 海外情報の強化では、気候変動・脱炭素やガバナンス、ESG投資、非財務資本を巡る算定基準や情報開示といった海外動向の報告をより拡充します。海外への情報発信も強化します。研究会テーマの多様化では、気候変動や脱炭素を単体のテーマとして捉えるのではなく、財務指標や情報開示と連動させたテーマの研究会を開催します。調査研究の強化では、「ESGブランド調査」に加えてサステナブルファイナンス「ESG債」の調査を行い、分析結果を報告する予定です。
 詳しい情報はこちらより、ご一読をお願いいたします。