■概要:日経BPが事務局を務める日経ESG経営フォーラムは、「第三者委員会報告書格付け委員会」委員長の久保利英明弁護士(日比谷パーク法律事務所)との意見交換会を3月3日(火)に開催いたします。

「第三者委員会」とは、企業の不祥事が発覚した際、弁護士などが独立した立場で調査
し原因の究明にあたり、再発防施策を報告書で提言するものです。久保利弁護士は「企業等不祥事における第三者委員会に関する検討チーム」の座長として、日本弁護士連合会が2010年に発表したガイドラインの策定に携わりました。

しかし、その後、設置された第三者委員会でも調査が不十分とされた例が多かったことから、2014年に第三者委員会などの報告書を評価する「第三者委員会報告書格付け委員会」を設立し、委員長に就任しました。これまでに東芝や日産自動車、神戸製鋼所など21件の第三者委員会の報告書に格付けを実施しています。

コーポレートガバナンスの第一人者である久保利弁護士に「第三者委員会の格付けから見えた日本企業の問題」や「経営者は企業のガバナンスにどのように向き合うべきか」について講演をいただきます。その後、「企業不祥事といかに向き合うべきか」「良い第三者委員会とは」「企業不祥事から企業再生を図るためのポイント」などについて意見交換します。

この意見交換会は朝食をとりながらトップ同士がざっくばらんに意見交換する会です。
企業のリスクマネジメントを考える絶好の機会です。ぜひご参加ください。

■日時:2020年3月3日(火)7:30~9:30 朝食意見交換会(開場 7:10)

■場所:ホテルニュー・オータニ ザ・メイン1階 ACERO(アーチェロ)

スケジュール(予定)

●7:30~7:40 事務局からの挨拶と出席者の紹介

●7:40~8:10 久保利弁護士のご講演
        ・第三者委員会の格付けから見えた日本企業の問題
        ・経営者は企業のガバナンスにどのように向き合うべきか        
        

●8:10~9:20 意見交換
        ・企業不祥事といかに向き合うべきか
        ・良い第三者委員会とは
・企業不祥事から企業再生を図るためのポイント
        
        
●9:20~9:30 まとめ

会員企業からは執行役員以上の方のご出席をお願いします。
当日、各社とも随行者がいる場合は、最大2名までとします。

会議はクローズドです。ただし、当日の会議の様子は、発言が特定されないようにして、
後日、要旨を紹介する可能性があります。