■開催日時:3月12日(金) 15:00~16:30

■開催形式:Zoomを使ったオンライン開催

■開催概要:
今回の研究会では、日経ESG 4月号(3月8日発行)の特集「企業理念も社員の評価も変える 花王が挑む価値100倍のESG経営」に焦点を当てます。
CDPで日本企業初の「トリプルA」を獲得し、独評価会社によるESG評価は世界の上位1%に入るなど、今や日本を代表するESG先進企業となった花王の経営を徹底解剖しました。
花王は、2021年度から新中期経営計画「K25」をスタートさせたのを機に、企業理念を刷新し、社員の評価をESGへの貢献に連動させます。今年1月に社長に就任した長谷部佳宏氏率いる新生花王が目指すのは、「100倍の価値を生む会社」です。
新中計や新ビジョンに込められた思いとは何か。どのようにして現在の地位を確立したのか。ESGの取り組みを細かく分解しながら解説します。、企業価値向上や競争力強化を実現し、グローバル企業に伍していけるESG経営について議論する場にしたいと考えています。ぜひご参加ください。

■プログラム:
15:00~16:30 日経ESG 2021年4月号特集
「企業理念も社員の評価も変える 花王が挑む価値100倍のESG経営」の読み方
 解説:日経ESG編集長 田中 太郎、日経ESGエディター 相馬 隆弘

質疑応答
(時間内でも質問が終了次第、閉会とさせていただきます)