■配信日 2021年 8月10日(火曜日)

■時間 当日17時までに配信を開始します。

■概要
 4月、国は2030年度の温室効果ガス削減目標を改訂しました。
50年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出の実質ゼロ)に向けて
経過点となる目標ですが、これをどのようにして達成するのか、
国はまだ明らかにしていません。とはいえ、国民や企業に対して
対策のための活動やコストといった重い負担も生じると見られます。

 日経ESG経営フォーラムが6月に開催したオンラインセミナーでは
東京大学の髙村ゆかり先生をお招きし、この目標の意義や、
国際的な背景についてお聞かせいただきました。

 今回は第2弾として、30年目標の達成には厳しい対策や負担といった
課題もあり得ることを、みなさんと情報共有してまいりたいと思います。

 企業、特にエネルギー多消費の産業に対し、実際にどのような影響が
生じ得るのか、産業界において気候変動やエネルギーの問題にかかわる
取り組みを担当されているJFEスチールの手塚宏之氏をお招きし、
お話を伺って参ります。

 企業の環境やサステナビリティ、経営企画、ESG関連部署をはじめ、
ESGに関心を持つ幅広いビジネスパーソンに役立つ内容です。
関連部署にもお声かけいただき、ご視聴下さい。

■出演者
ゲスト
JFEスチール 専門主幹(地球環境) 手塚宏之 氏

進行
日経ESG編集長
馬場 未希

※公開日、タイトル、出席者などは変更になる場合がございます。