■開催日時:2022年7月1日(金)15時より 

■開催形式:会議室にて対面開催(インターネット受講も可能 ★1)

■開催概要:
 東京証券取引所の市場再編に伴い、企業経営には一層のガバナンス強化や事業における資本効率の向上が求められています。加えて環境対応への取り組みや再生エネルギーの活用などESGに関する幅広い情報開示がさらに重要になっています。
  自社の取り組みを加速させ、それについて投資家を含むステークホルダー(利害関係者)にどのように適切に伝えるかなど、投資対話がより注目されています。
 一般社団法人日本取締役協会で長く会長を務められ、経営者としての経験を踏まえてまとめた企業論やガバナンス論についての著書も多いオリックスの宮内義彦シニア・チェアマンをゲストに迎え、企業が持続成長するためのガバナンスとESG投資のあり方について、企業と機関投資家、それぞれの観点から伺います。
  当日は会員の皆様の懇親会も予定しています。ご参加を心よりお待ちしております。

■会場
イイノホール&カンファレンスセンター <Room A>
東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4F

■プログラム:
15:00~ 日経ESG経営フォーラム事務局あいさつ 

15:05~16:00 「投資対話研究会 これからのガバナンスとESG投資」  
     ゲスト:オリックス シニアチェアマン 宮内 義彦 氏 
     聞き手 日経ESG発行人 酒井 耕一

16:00~17:00 来場者同士の名刺交換会

■募集締切
2022年6月29日(水)<定員に達した場合、期日よりも早く締切る場合がございます。

※タイトル、出席者などは変更になる場合がございます。