成長し続ける企業のための環境・社会・ガバナンスの情報誌 日経ESG

成長し続ける企業のための環境・社会・ガバナンスの情報誌

企業が成長し続けるために「ESG(環境・社会・ガバナンス)」の3つの取り組みが欠かせなくなっています。 成長し続ける企業のための環境・社会・ガバナンスの情報誌 顧客や投資家から評価され、優秀な人材の獲得にも効果を上げるESGの取り組みとはどのようなものか。最新情報をお伝えします。

日経ESG最新号

日経ESG最新号

2021年4月8日(木)発行

※毎月8日発行

  • 定期購読のお申込み
  • 最新号を購入する
  • 日経ESG定期購読者限定メールマガジン(ESG施策メール)に登録する
  • バックナンバー
  • メールマガジンに登録する

「日経ESG」のコンテンツを
広報誌やパンフレット、Webサイトなどで使いたい!

コンテンツの2次利用についてのお問い合わせはこちらまで

Cover Story

企業経営を直撃する
カーボンプライシングの大波
2050年までのカーボンニュートラル宣言を実現する戦略の1つとして、
CO2排出に課金する「カーボンプライシング」の検討が、日本で再び始まった。
制度の中身次第で、企業経営や国際競争力への悪影響が指摘される一方、
脱炭素型のエネルギーやビジネスモデルへの転換を促す効果があるため
新ビジネスを生み、成長の後押しになると捉える企業も現れた。
米マイクロソフトなど大手IT企業などは独自の活用を始めている。
企業は単に制約と捉えるだけでなく、成長の源泉とするため対応すべきだ。
馬場 未希/本誌

カーボンニュートラル宣言企業に2つのリスク
導入に備える経営を
カーボンプライシングの着地点を聞く
有村俊秀・早稲田大学教授 最初は低率の炭素税が現実的
      
手塚宏之・JFEスチール専門主監 67兆円をどう稼ぎ続けるか
柴田昌彦・みずほリサーチ&テクノロジーズ 次のエネルギー普及に生かせ

このページのトップヘ


Interview
気候変動の次は自然資本の開示を 金融の力で2030 年までに自然回復
アヒム・シュタイナー氏/国連開発計画(UNDP)総裁
Special Report
カーボンニュートラル技術解説 CCS 世界で70 億t の削減担う
News
指標や開示の枠組みづくりで主導権 生物多様性、欧州が包囲網
気候変動リスクを減らし、リターンの増大狙う 第一生命、投資先に脱炭素
純資産1兆円突破の大ヒットESG投信 「ESG」は本当か、金融庁が注視
旗艦商品に100%再生プラ容器 花王、ESG投資を回収へ
伊藤忠が家庭用蓄電池で新サービス 家庭の環境価値をポイント還元
味の素冷凍食品がフリーザーを脱フロン化 省エネで1億円のコスト削減
キリンビバレッジが「パーパス・ブランディング」 「存在意義」で顧客つかむ
NTT接待問題、ガバナンスの視点 疑念に注がれる海外投資家の目
米エクソンモービル 脱石油をアクティビストが推進
「ネットゼロ」に向けた世界250社の情報開示 脱炭素戦略欠く日本企業
問われるESGと業績の両立 仏ダノンがCEOを解任
Learning
▼新潮流
初歩から分かるサステナブルファイナンス
ESG指数や調査機関 ESG投資の進展で変わる存在意義
足達 英一郎/日本総合研究所理事
ウェルネス経営のススメ
目標や願望を実現できる社会を創る 意識を浪費する文化にメス
小島 玲子/丸井グループ 執行役員 ウェルネス推進部長 専属産業医
イチから始める「統合報告」
説明責任と信頼性 誰が何にコミットするのか
芝坂 佳子/KPMGジャパン 統合報告 センター・オブ・エクセレンス パートナー
ヨーロッパESG最前線
ドイツのサプライチェーン法
「ESG調達の重視を」 サプライチェーンで人権保護
熊谷 徹/在独ジャーナリスト
今月のESG政策
循環経済ラウンドテーブル会合
気候変動に関する世論調査

▼学び直し講座
「コーポレートガバナンス」
人的資本とガバナンス(2) 中間管理職は要らない?
松田 千恵子/東京都立大学 大学院 経営学研究科 教授
「廃棄物処理法」
経営者のための資源循環(7) プラスチック新法で選択広がる
堀口 昌澄/廃棄物コンサルタント

▼環境マネジメント
元システムエンジニアがTCFDに挑む
サプライチェーン・マネジメント パートナー企業への周知が第一歩
本田 健司/野村総合研究所 サステナビリティ推進室室長

▼インフォメーション
日経ESGウェブサイトから
ESG経営フォーラムから
編集部から
Leaders
▼未来戦略インタビュー 
野村総合研究所
常務執行役員 横山 賢次氏
「価値共創」で社会課題の解決に寄与
応用地質
代表取締役社長 成田 賢氏
4つのセグメントで価値創造
▼わが社の新規事業 
大林組
グリーン水素で未来社会に貢献
▼わが社のサステナブル戦略 
不二製油グループ本社
進化し続けるサステナブル調達
▼わが社のサステナブル戦略 
NTTドコモ
人の移動が分かる新たな人口統計
▼わが社の新機軸 
森永乳業
セミナー事業で「健康・栄養」に貢献
▼わが社の新機軸 
ヤクルトグループ
非接触の宅配でコロナ禍でも貢献

このページのトップヘ