成長し続ける企業のための環境・社会・ガバナンスの情報誌 日経ESG

成長し続ける企業のための環境・社会・ガバナンスの情報誌

企業が成長し続けるために「ESG(環境・社会・ガバナンス)」の3つの取り組みが欠かせなくなっています。 成長し続ける企業のための環境・社会・ガバナンスの情報誌 顧客や投資家から評価され、優秀な人材の獲得にも効果を上げるESGの取り組みとはどのようなものか。最新情報をお伝えします。

日経ESG最新号

日経ESG最新号

2019年8月8日(木)発行

※毎月8日発行

  • 定期購読のお申込み
  • 最新号を購入する
  • 日経ESG定期購読者限定メールマガジン(ESG施策メール)に登録する
  • バックナンバー
  • メールマガジンに登録する

「日経ESG」のコンテンツを
広報誌やパンフレット、Webサイトなどで使いたい!

コンテンツの2次利用についてのお問い合わせはこちらまで

Cover Story

RE100宣言相次ぐ
CO2ゼロは生き残りの条件
事業で使うすべての電力を再生可能エネルギーに――。
そんな「RE100」を目指す企業が相次ぐ。
企業が、パリ協定が求める世界の大幅削減に貢献するには、CO2ゼロ電力の調達が欠かせない。
今、その現実的な選択肢は、再生可能エネルギーを使うことだ。
ESG投資家が企業の気候変動対策に注目し、
米アップルはサプライヤーへの働きかけを強化している。
CO2ゼロ電力の調達は取引先から選ばれ、
ビジネスを拡大する、将来の生き残りの条件になった。
ところが、ここ日本では再エネ電力の供給力が乏しく、他国と比べて割高なのが実情である。
課題山積の中、CO2ゼロ電力の調達に乗り出した企業の奮闘を紹介する。
馬場 未希/本誌

CO2ゼロ電力を使う理由 本業を成長させる決め手
アップル、RE100の道筋 最後の難関、日本も達成
丸井、ソニーの挑戦 未来に備え調達力磨く
RE100運営担当者に聞く 先行利益を獲得せよ

このページのトップヘ


Interview
気候リスク・機会から導いた資源メジャーの戦略
低炭素経済を支える資源を供給
シモーン・ニヴェン氏/英豪リオ・ティント コーポレートリレーションズ グループ・エグゼクティブ
Special Report
不祥事への対応で変わる評価
ESG 情報開示の落とし穴・対策編(4)
竹林 正人/サステイナリティクス・ジャパン リードアナリスト
Special Report 2
原料調達の気候リスク減らせ
TCFD のための物理的リスク評価
高野 真之/みずほ情報総研 コンサルタント
News
資生堂、味の素、キリン…  「女性役員3割」にスクラム
進化するアクティビスト 経営の中核へ、企業揺さぶる
ユニリーバ、2020年に切り替え 100%再生ペット容器に
積水ハウス阿部会長が語る 海外投資家との対話を強化
消えゆくシティーの“日本通” 投資家との「ESG」対話が重要に
ロシア企業のESG 投資家の圧力が動かす
建物づくりからまちづくりへ 住友林業が「環境木化都市」で新展開
世銀の西尾副総裁に聞く 途上国支援は人的資本に焦点を
世界の年金基金が重視するESG課題 気候変動に注目、SASBに期待
Learning
▼新潮流
海外ESG経営者列伝
ウォーレン・バフェット氏 米バークシャー・ハザウェイ会長兼CEO
ガバナンスの守護神
イチから始める「統合報告」
情報開示制度の改正 全社を巻き込む好機
芝坂 佳子/KPMGジャパン 統合報告 センター・オブ・エクセレンス パートナー
リーガル「働き方改革」
女性の活躍推進 軽視すれば人材を失うだけ
菅野 百合/西村あさひ法律事務所 パートナー弁護士
ヨーロッパESG最前線
緑の党の支持率が首位に 背景に温暖化への危機感
熊谷 徹/在独ジャーナリスト
今月のESG政策
グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針/環境サステナブル企業の評価軸と評価の視点
▼学び直し講座
「コーポレートガバナンス」
アクティビストの動き(1) 洗練される「物言う株主」
松田 千恵子/首都大学東京 大学院 経営学研究科 教授
「 廃棄物処理法」
火災増加への対処 中国の輸入規制が影響
堀口 昌澄/メジャーヴィーナス・ジャパン シニアコンサルタント
「化学物質管理」
chemSHERPAバージョン2(1) 変更点と影響度を知る
森 伸明/NEC 製造・装置業システム本部 PLMシステムグループ シニアエキスパート
▼環境マネジメント
中小企業のための環境マネジメント入門
企業価値を「見える化」 自社の存在意義は何か
飯田 哲也/エコアクション21審査員
▼インフォメーション
ESG経営フォーラムから
編集部から
Leaders
▼未来戦略インタビュー 
三機工業
代表取締役社長 長谷川 勉氏
目指すのは「選ばれる」会社

このページのトップヘ