「顧客」と「上司」に阻まれて時短が進まない日本の職場。欧米には無茶な要求を押し付ける顧客や、それをそのまま引き受けて部下に押し付ける上司が生まれるのを防ぐ仕組みが存在している。ただしそれを日本に取り入れるには、様々な障害が立ちはだかる。

 前回は、先進国の中で日本の労働時間が特に長く、生産性が低い問題について考えました。その根源には、「お客様」と「上司」という二人の神様が職場で幅を利かせていることがあります。お客様の無茶な要望を真摯に受け止め、社に持ち帰ると、上司から「やれ!」と厳命される。結果として、時間当たり生産性を無視して労働を続けることになります。

 

 このメカニズム、実はすべて「日本的な雇用環境」により成り立っているのです。

階段を上るチャンスがある分、文句も言えない

 何度も書いたように、日本の超過勤務手当は割増額が低く抑えられるような仕組みになっています。それには以下の理由があります。
① 年収に占める賞与割合が大きいため、相対的に月収の額が安くなる。月収から割り返す時間給も当然、安く抑えられる。
② 割増率が25%であり、先進国の中では低い部類に入る。

 これらの結果、残業させるコストが安くなり、企業はそれを忌避しない構造になるのです。

 もう一つの理由が、日本では「誰でも階段を上る」キャリア構造があるために、部下は上司にNoと言えない関係ができていることです。欧州の末端労働者のように「決められた仕事を決められた給与で一生行う」型のキャリアであれば、上司の評価などどうでもよくなり、自己中心で就労拒否することもできるでしょう。ところが日本の場合は、上司の覚えめでたければ、階段を上って昇進昇給できる。昨今では課長になれない人も数多く出ていますが、それでも職能等級は2~3段階上がって、初任給の倍以上の給与はもらえます。だから「ここは我慢しておこう」となってしまうのでしょう。