先週最終回を迎えた大人気連載「人事の組み立て」。今回と次回は番外編と称して、2021年4月27日配信のオンラインイベント「CHO Summit2021Spring」での海老原さんとその師匠、中央大学ビジネススクール教授佐藤博樹氏による対談の模様をお届けする。佐藤教授は2000年代の初めから日本でのジョブ型導入に注目してきたが、その狙いは昨今の「ジョブ型祭り」とはかけ離れたところにあった(司会、構成は小林暢子=Human Capital Online発行人)

[画像のクリックで拡大表示]
(写真:川田 雅宏)

――このセッションでは「間違いだらけのジョブ型雇用を切ると題しまして、中央大学ビジネススクールの佐藤先生と雇用ジャーナリストの海老原さんによる対談をお届けいたします。よろしくお願いいたします。海老原さんは佐藤先生に師事されてもう20年になるそうですね。

海老原:1997年ごろ、私がリクルートのワークス研究所に兼務発令された時に指導役として佐藤さんがいらっしゃってくださってからだから、24年になりますね。その後も、経産省、厚労省、経済産業研究所、人材活力研究所など四カ所でずっと面倒見ていただき、2020年からは中央大学の大学院に引っ張っていただいています。本当に親代わりって感じですね。

佐藤:今ご紹介いただきました中央大学ビジネススクールの佐藤博樹です。大学では人的資源管理を教えています。海老原さんとの関係では僕の方が学ぶことが多かったと思います。今日は皆さんと一緒に僕も学びたいなと思いますのでよろしくお願いいたします。

[画像のクリックで拡大表示]
佐藤 博樹(さとう ひろき)氏 中央大学大学院戦略経営研究科(ビジネススクール)教授。一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。雇用職業総合研究所(現、労働政策研究・研修機構)研究員、法政大学経営学部教授、東京大学社会科学研究所教授などを経て2014年10月より現職。東京大学名誉教授。専門は人事管理論。『人材活用進化論』(日本経済新聞出版社)、『変わる働き方とキャリア・デザイン』(編著,勁草書房)など著書多数。内閣府・男女共同参画会議議員、内閣府・ワーク・ライフ・バランス推進官民トップ会議委員など政府の審議会や研究会の委員長を歴任(写真:川田 雅宏)

海老原:佐藤さんはね、研究者としてものすごい方ですけど、ビジネスセンスもあるんですよ。だいたい時代よりも一歩先で、マスコミや世の中がその後ついてくる。先にネタを掘り起こしているパターンですよね。

 僕は今回ジョブ型について、佐藤さんとぜひ対談したかったのです。なぜかというと、ジョブ型雇用は労働政策研究・研修機構労働政策研究所長(JILPT)の濱口(桂一郎)先生が2006~2007年ごろに言い出したのですが、それに先立って2005年位から佐藤先生が「限定正社員」について言及していらっしゃったんですね。いわゆる職務と地域を限定して正社員で雇うという仕組みで、これがヨーロッパの限定型雇用、つまりジョブ型に非常に近かったのです。2009年に出版した私の本(『雇用の常識、本当に見えるウソ』、プレジデント社)で、「職務や地域を限定して無期雇用する限定型正社員を日本に持ち込めないか」と書いているのですが、それは佐藤さんの提言からもってきていているのです。非常に早いときから目をつけてらっしゃったわけで。

[画像のクリックで拡大表示]
海老原 嗣生(えびはら つぐお)氏 雇用ジャーナリスト、ニッチモ代表取締役、厚生労働省労働政策審議会人材開発分科会委員、大正大学特命教授、中央大学大学院戦略経営研究科客員教授。1964年東京生まれ。大手メーカーを経て、リクルートエイブリック(現リクルートキャリア)入社。新規事業の企画・推進、人事制度設計などに携わる。その後、リクルートワークス研究所にて雑誌「Works」編集長を務め、2008年にHRコンサルティング会社ニッチモを立ち上げる。『エンゼルバンク-ドラゴン桜外伝-』(「モーニング」連載、テレビ朝日系でドラマ化)の主人公、海老沢康生のモデルでもある。本連載をまとめた『人事の組み立て~脱日本型雇用のトリセツ~』(日経BP)など著書多数(写真:川田 雅宏)