前回は、丸井グループが経営戦略の柱として「ウェルネス経営」を掲げ、実践することになった経緯を見た。

 今回は、その2つの具体策、「ウェルネス経営推進プロジェクト」と「レジリエンスプログラム」について、ウェルネス経営の実務を主導している小島玲子氏(執行役員ウェルネス推進部長、医学博士、産業医)氏の話を元に掘り下げる。

 丸井グループでは、社員が自ら手を挙げて参加する、公募制のプロジェクトや研修を多数進めている。ウェルネス経営推進プロジェクトやレジリエンスプログラムは、これらの1つという位置づけだ。

 ウェルネス経営推進プロジェクトは、現場社員による自主的な活動を通じて、各部署・各現場における健康増進活動を進め、現場におけるウェルネス(より積極的な健康:丸井グループにおける定義は前回記事を参照)を定着させることを狙ったもの。今年で4期目に突入した。プロジェクトは公募制。希望した社員からメンバーを選出、メンバーが起点となって、1年間、ほかの社員を巻き込みながら、ウェルネスに関連する活動を実践する。

 参加希望する社員はまず論文を執筆し提出する。審査する側は所属部署や名前などをすべて伏せた上で選出する。「毎回、コンスタントに応募者が多いのが特徴」(小島氏)だ。

小島 玲子(こじま れいこ)氏
丸井グループ 執行役員 ウェルネス推進部長 専属産業医
医師、医学博士。大手メーカーの専属産業医を約10年間務める傍ら、総合病院の心療内科にて定期外来診療を担当。2006年より北里大学大学院の産業精神保健学教室に在籍し、2010年、医学博士号を取得。翌年に丸井グループ専属産業医となり、2014年、健康推進部の新設に伴って部長に就任。2019年、執行役員に就任。著書に『産業保健活動事典』(2011)、『改訂 職場面接ストラテジー』(2018)など。日本産業衛生学会指導医、労働衛生コンサルタント(保健衛生)。