産業界における協働に取り組みながら、コロナ禍の先を見据えた社内施策も打つ。オフィスの改造計画「フューチャー・ワークプレイス」だ。こちらはコロナ禍でむしろ加速させており、このほどフロアの改装工事に着手したという。

島田:WAAなど一連の施策を推進し、いつでもどこでも仕事ができるようになった結果、逆に自社オフィスが存在する意味や意義は何だろうという疑問が浮かび上がってきたのです。

 イノベーションには、人同士が偶発的に会う機会が欠かせません。これまで話をしたことがない人同士がたまたま出会って会話をする、そこから面白くて楽しいことが生まれる。そのような場づくりはオンラインでは難しく、物理的に同じ時空間を共有するほうがいい。結果、ユニリーバではやはりオフィスは必要だという結論に至りました。

 改造計画の主なポイントは部署単位で座り働くという枠組みを取り払うこと。フロアごとにテーマを決め、その範囲で自由に席を選べるようにする。また、企業文化の浸透策として、チームの一員であることを感じやすくする仕掛けを物理的にデザインしていくという。

「自分の内側を見ること」の再発見

 猛威を振るう新型コロナウイルスに「健康とは何か」「自分の幸福とはどういう要素で成り立っているのか」「様々なリスクがある中、自分は人生で何を成すべきか」といった自分の生き方について、多くの人が考えている。島田氏は、産業界においてウェルビーイングに注目する向きが強まると見る。

島田:ビジネスパーソンに自己を振り返る機会を提供したという意味では、コロナ禍にもポジティブな側面があったのではないかとも思います。(ウェルビーイングに注目が集まりつつある現状について)誤解を恐れずに言えば、私がずっと前から考えていたことや感じていたことを、ようやく世界が分かってくれるようになった、という印象を抱いています。それは、私が時代に先んじているという意味ではなく、それこそ幼稚園児の頃から、人に興味があったから、そこにずっと従事してきたからなのです。

 振り返ると、私は子どもの頃から、人の心は何によって動かされるのだろうかということを、ずっと探求してきました。人事というプロフェッションに行き着いた根本はそこにあると思っています。

 島田氏はウェルビーイングの意味について、「より良く、ここに在る」状態と解釈する。その上で「自分の内側の状態がすべてを決める」とも添える。

 人は得てして、自分の外側にあるものに興味・関心を向ける。自分が保有しているスキル、経験、地位、資産、目の前のタスクを前提に、周囲からの評価、他者が持っているものなどに目を向け、自分の持っていないものや足りないところに意識が向きがちだ。その結果ストレスや劣等感を抱え、どうしたら今よりも多くのものが獲得できるか、人より優位性を確保できるかと考え、むやみに行動を起こす。しかしそれで結果が出たとしても満足感は得られず、徒労感に悩まされ、再び何があれば満足するのかと外側にあるものに目を向ける――。これが現代人の標準的なスタイルでないだろうか。

 「自己の内側の状態に目を向けないまま、表面的な『Doing』に懸命になる姿は、本来の人間の在り方ではない」。島田氏はこのように語る。

島田:人間は英語ではHuman Beingと言います。Human Doingとは言わない。だからこそ、外側ばかりに向く意識を内側に向けて、「今、自分はどう在りたいのか」と問いかけることが大切だと思うのです。自分がどういう状態なのか、例えば心身は健康なのか、どういう感情の状態なのかといったことを観察しながら、自分が本当に求めているもの、自分を本当に幸せにするもの、自分が社会に対して発揮できる本当の強みは何なのかを認識する。

 なぜなら良いBeing(在ること)があってこそ、良いDoing(行動すること)が形づくられるからです。ですから、私は各所で「より良く、ここに在る」を示すウェルビーイングを提起しています。