今までアナログ中心だった労働市場のさまざまな課題解決に最新のテクノロジーを導入することで「組織・個人のパフォーマンスの最大化」を目指す企業や団体が増えてきた。ただし、テクノロジーを導入したものの、成果に結び付けられているところが多いとはいえないのが現実だ。そこでピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会は、テクノロジーを活用して日本の企業・団体の生産性を向上させることを目的に掲げて、2018年から「Digital HR Competition(DHRC)」と名付けたコンペティションを開催している。この連載では、ここで上位に入った企業・団体を中心に先進的な取り組みを紹介していく。
 今回は、2020年のDHRCの「ピープルアナリティクス部門(データ活用実践部門)」でグランプリに輝いたソフトバンクの大神田賢翔氏と御園生銀平氏に話を聞いた。聞き手は、ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会の上席研究員である古川琢郎氏が務めた。(構成=日経BP 総合研究所 ライター 吉川 和宏)

古川琢郎氏(以下、敬称略): ソフトバンクがピープルアナリティクスに取り組み始めた経緯を教えてください。

大神田賢翔氏(以下、敬称略): 世の中でピープルアナリティクスが注目されてきたことも受けて、2018年にソフトバンクの人事でも取り組みを加速できないかという話が出てきました。そこで、統計の知識を持っていた私と御園生の2人で草の根的な活動として、社内アンケートや過去の採用傾向の分析からスタートしました。

 当時のHRテックは、人事の作業時間短縮や業務自動化を目的とした取り組みが多かったと思います。一方で、私たち2人は「仕事の効率化だけでなく、意思決定の精度が向上することもできるのではないか」と議論していました。そこで、定量的な要素を取り入れ人事の意思決定精度を向上させることを目的にしたプロジェクトをぜひやりたいと志願しました。プロジェクト立ち上げから少し時間が経った頃、全社の人材戦略を見直すタイミングがあり、その中の一つとして、ピープルアナリティクスの取り組みを本格化することになりました。

ソフトバンク 人事総務統括 人事本部 戦略企画統括部 人材戦略部 人材戦略課 大神田 賢翔 氏(撮影:編集部、稲垣純也)
ソフトバンク 人事総務統括 人事本部 戦略企画統括部 人材戦略部 人材戦略課 大神田 賢翔 氏(撮影:編集部、稲垣純也)