社員の成長と事業の成長の両輪を目指す

古川: 私の知る範囲では、ソフトバンクさんがピープルアナリティクス専担の組織を組成されたのはものすごく早くて、確か日本企業では2~3番目くらいだったと記憶しています。そして、今回のコンペティションでグランプリを獲得するなど、大きな成果も上げています。成功の要因は何だとお考えですか。

ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会 上席研究員 古川 琢郎 氏(撮影:編集部、稲垣純也)

大神田: 私が一番の成功要因だと考えているのは、経営戦略に基づいた人材戦略を立案し、それに即したピープルアナリティクスを推進している点です。どのような領域でピープルアナリティクスを推進するかを検討する際に、人材戦略と連動していることは重要だと考えています。

 また、デジタルのビジネスを手がけている企業だということも挙げられます。さまざまな領域でデジタル化が進んでいるので、お手本となる事例が社内にたくさんあります。

御園生: 私も、全社の人材戦略に紐づけてピープルアナリティクスに取り組んでいる点が一番のポイントだと思います。担当者の目線では、チャレンジする風土も成功を後押しくれていると感じています。

古川: ソフトバンクにおけるピープルアナリティクスのゴールは何でしょう?

大神田: ソフトバンクの人材戦略は、事業を成功させるために、いかにして各事業にマッチした人材を配置するか、また、いかにして人材が活躍できるような環境を作るかということを最も重視しています。同時に、一人ひとりが目指すキャリアを実現することも大事だと考え、「社員が活力に溢れて活き活きと働いている環境」を実現したいと考えています。

 ピープルアナリティクスを活用し、活き活きと働く社員の傾向や特性を定量的に可視化することで、人材戦略の推進につなげ、社員の成長と事業の成長の両輪を実現させることがゴールだと思っています。

御園生: 私も同じです。その実現のために、アナログとデジタルの情報を組み合わせて意思決定の精度を向上させる仕組み作りに取り組んでいきたいと考えています。