まとめと考察

[画像のクリックで拡大表示]

 今回は、コロナ禍を経て実際に起こっているオフィス戦略の変化の中での「オフィスを縮小する」という動きについて、「ポートフォリオ」の考え方を導入して深掘りしてみました。

 全社員が必ずしも常に出社しなくても良いことを前提とし、オフィスビルには必要最低限入居してそのコストを抑えつつ、他の働く場もうまく併用して社員の働きやすさと働く場の流動性を最適化する、というのが「働く場をポートフォリオで考える」ことです。

 次回は、この「働く場をポートフォリオで考える」ことは、実は働き方と働く場の変化の第一歩にすぎない、ということを考察します。働く場のポートフォリオを組むと、労務管理や人事評価周りで向き合わなくてはいけない課題があらわになってきます。実はこれらは、働く場の分散で新たに生まれてきたものではなく、以前から見過ごされていて、これをきっかけに向き合わざるを得なくなる本質的な課題なのです。

 働く場をポートフォリオで考えることから、時代の変化を経て制度疲労を起こしつつある今の働き方にどうメスが入るのか、次回もぜひご期待ください。