世界で1000万人が読んだビジネス書の金字塔『ザ・ゴール』。発刊から30年以上たった今でも名著といわれる理由は、既成概念を打ち破り、目覚ましい成果を出す「ブレークスルー人財」を育てる教科書でもあるからだ。実際、本書から学び、目覚ましい成果を出してトップリーダーになった経営者は数知れない。著者であるエリヤフ・ゴールドラット博士の愛弟子であり、全体最適のマネジメント理論「TOC(Theory Of Constraints:制約理論)」の世界的なトップエキスパートとして知られ、人財育成のマエストロという異名を持つ岸良裕司氏が、ブレークスルー人財の育成法を分かりやすく、実践的に解説する。初回である今回は、ブレークスルーを起こすための「公式」を解説する。
(写真:123RF)

 コロナ禍の現在、大半の企業が厳しい経営環境に置かれていることでしょう。こうした危機的な状況から脱するために、経営陣から現在の延長線上にない目覚ましい成果を出すことを求められている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そうした「ブレークスルー人財」を育成することを求められている人事部門も少なくないでしょう。

 この連載では、経営危機に陥った数々の企業を立て直してきた経験を踏まえて、短期間で目覚ましい成果を出せるような「人財」を育てる方法を解説していきます。これまでの経験から断言しますが、経営危機から脱する唯一の処方箋は人財を育てることです。ブレークスルー人財を育成できれば、結果はおのずとついてきます。クライアントの企業に既成概念を打ち破るソリューションを教えるのは私たちですが、これを学んで現場で実践するのは、その企業の社員です。彼ら彼女らが、ソリューションを自社に当てはめて「応用問題」を解き目覚ましい成果を出しているのです。

 経営危機に陥っている企業には一刻の猶予もありません。私たちは、こうした人財を4週間ほどで育成し、現在の延長線上にない目覚ましい成果を出していただきます。ブレークスルー人財を育成することが私たちの本業だと考えています。この連載を通して、企業の人事部門の方々がブレークスルー人財を育成する秘訣を学んでいただければ幸甚です。