(写真:123RF)
(写真:123RF)

 優秀な社員を採用する。その社員が目の色を変えて仕事に熱中できるようにする。世界の会社はこのことで競っています。こうした人事競争の先頭を走っているのがシリコンバレーの会社群でしょう。

 私は30年間、シリコンバレーで3社のスタートアップのCEOを務め、採用、報酬と職務に関する交渉、そして評価を人事担当者と一緒にやりました。日本に戻ってみると、グローバルで通用する素晴らしい人材や製品を持ちながら小さいマーケットの日本でだけビジネスをしている会社が結構あると気付きました。あまりにももったいない。

 日本の会社と人事部門もぜひ、世界の人事競争に参加してほしい、そしてビジネスを全世界に広げてほしいという思いから本連載を始めました。

 今回はゲストに法政大学経営学部の田路則子教授をお迎えしました。政府系の金融機間、民間の会社を経て、中小企業診断士と商業施設士の資格をとってコンサルタントをなさり、その後、大学教員へ転身されたという、日本ではまだ珍しいキャリアの方です。

 田路さんはイノベーションやスタートアップについて実際の現場を取材しつつ研究されています。そこで新しいことをする、そのための人材をどう育てるか、といったテーマで田路さんと私、そしてHuman Capital Onlineの原田編集長で話し合いました。