日本の会社は友達が少ない

原田:ご指摘された問題に人材育成の観点ではどう取り組めばよいのでしょうか。

田路:友達をもっとつくることではないでしょうか。友達と言っているのは、ビジネスの世界の知人や会社の中で利害関係や取引関係がまだそれほど深くない、といった意味です。私見ではありますが、日本の会社は社員も、会社そのものも友達が少ない気がしてなりません。だから視野が広がらない。新しい発想も出てきにくい。半導体製造装置の例を続けるなら、欧州メーカーには友達がたくさんいたけれども、日本メーカーにはそれほどいなかった。米国のビジネスパーソンは何かの会合に顔を出して人脈つくりに熱心ですよね。いつかは何かでつながると思ってやっているのでしょう。今すぐ役立つ売り込み先を探しているわけでもない。

坂本:言い尽くされたことでしょうがシリコンバレーの強さはそこです。シリコンバレーにいる人たちは皆、友達でその中からスタートアップが生まれてくる。会社が違う友人同士でコーヒーショップでも、誰かの家のパーティーでも、いつでも次にやってくるマーケットや新製品の話をしている。

田路:だからこそグローバル人材を、となるのでしょうが冒頭ちょっとお話したように「本気なの」と私は思っています。私は10年ほど前、米国のシリコンバレーに滞在し、スタートアップのインキュベーション施設に日参して、生まれたての会社から話を聞いていました。そのとき日本から駐在で来ている人たちの仕事ぶりを見て呆れました。

 せっかくシリコンバレーに来ているのに彼らは常に日本を向いているし、日本の本社は彼らにつまらない用事を言いつけ、自由にさせない。だからシリコンバレーで友達が増えない。よく揶揄される話ですが駐在員の大事な仕事は美味しい日本料理屋を見つけておき、日本から上司やお客さんが来たらそこに連れていくことです。

坂本:さすがにそれは過去の話ではないかなあ。

田路:そう思いますよね、普通。ところが2年ほど前でしたか欧州に調査に行く機会があり現地で会った日本の会社の駐在員と雑談していたら、やっぱり主な仕事は日本から来る人の接待だと言っていました。まだそんなことをやっているのか、と悲しくなりました。

坂本:日本の本社の方たちを喜ばせる次元の低い仕事を海外でもしているということですか。驚きですね。海外駐在員は現地でマーケットや技術動向を学び、自社で開発すべき新製品や取り組むべき新ビジネスのアイデアをクリエートし、全社でどうすべきかのビジネス・プランを書き、提案することが最も重要な仕事でしょう。

田路:一方、社内で育てるのは大変だから、グローバル人材を海外から採用しよう、という取り組みもありますよね。ところがなかなかいついてもらえない。言うまでもないですが日本における差の小さい給与が壁になります。日本人ではないグローバルで働いてきた人材のほぼ全員が驚くでしょう。

坂本:「私は今年これとあれをやる。だから報酬はこのぐらいもらいたい」とそれぞれが申し立て、会社と交渉するのが当たり前ですからね。シリコンバレーで働く人にあなたの話は聞くが給与は同じ世代の同僚とほとんど変わらないと伝えたら「私の努力やスキルを評価するつもりがないのか」と怒りかねません。

原田:さすがに表立って「同世代ならほぼ一律の給与のほうが公平」という人はいなくなりましたが本音ではそう考えている経営者はまだいますね。

田路:いきなり欧米のように支払え、と言っているわけではありません。人の能力や努力には厳然とした差があるわけで、成果を出した人、頑張った人には報いてメリハリを付けてはどうです、という話です。なんらかの手当を出すということでもいい。

坂本:運不運ということはどうしてもあるので固定給で大きな差を付けてしまうのはやりすぎかもしれません。ただ、目に見える顕著な働きがあったらボーナスを弾む、ということをもっとやったほうがいい。少なくても年収の倍くらいのボーナスです。

 それから降格人事です。ある程度の地位についたらよほどのことがない限り、下がらない。問題を起こしても横に異動させたり関連会社に行かせたりしてほぼ同じ処遇をする。差が付かない給与と同じで組織のメリハリがなくなります。

 これも本連載でたびたび書いてきたことですが、思い切ったボーナスを出す、降格人事もする、となると経営者や上司の評価能力と決断力が問われます。「人から嫌われたくないから曖昧な評価にしておく」というのは個人の人生哲学としてはあるかもしれませんが、部下の上に立つ人がそう考えてはいけないし、それなら上に立つべきではない。

 もちろん降格があるかわりにチャンスは何度でも与える。シリコンバレーではスタートアップを創業して閉鎖するまでの経験を持つCEOは会社全体をエンド・ツー・エンド、あるいは360度から見て考えられる、と評価されます。ベンチャーキャピタルからの資金調達の確率も高くなります。つまり降格の経験は次のチャンスに生かせるので会社にとって貴重な人材となるはずです。