【概要】 業務上の様々な活動に応じて、従業員が仕事をする場所や時間を自由に選べる働き方。オランダのコンサルティング会社ヴェルデホーエンが1990年代に提唱した。仕事内容によって働く場所や時間を選べることで多様な働き方の実現にもつながり、業務の効率化、生産性の向上、エンゲージメントの向上などが期待できる。

 ABWとは「決まった時間にオフィスに出社し、決まった席で働く」のではなく、働く場所や時間を自由に選べるワークスタイルだ。コロナウイルス禍による在宅ワークやリモートワークの浸透により、注目を浴びるようになった。オフィス内で固定席を設けずに好きなスペースで仕事ができるフリーアドレス制や、勤務時間を柔軟にするフレックスタイム制もABWの一要素だが、自宅やカフェ、サテライトオフィスなど、本社オフィス以外の場所で仕事をすることも含まれる。

 ABWを採用したオフィス改革を進める企業も増えている。ABWによるオフィス設計では、まず業務を活動の種類によって分類する。例えば「高度に集中する作業」「会議」「アイデア出し」「二人での対話」といった具合だ。これらの活動ごとに、それぞれに適したワークスペースや什器(じゅうき)、照明などを検討する。

効果 生産性と従業員エンゲージメント向上で働き方改革が進む

 働きやすく自分に合った環境で仕事ができるため、従業員のモチベーションや生産性の向上といった効果が見込める。従業員に自己裁量を与え、働く場所や時間を従業員自身に選択させることで、その行動変容やワークライフバランスの促進も期待できる。企業にとってもオフィスコストの削減、働き方改革の推進というメリットがあり、業務効率化やイノベーション創出の効果ももたらす。

事例 活動シーンごとに異なる業務スペースを設計

 在宅ワーク推進と出社率低下を機に、オフィススペースの縮小やABWを採用したオフィス設計を進める企業も増えている。カルビーが2021年10月にオープンした新オフィスでは、少人数で集中してブレストできるスペース、面談などをするために椅子を横に並べたコーナー、高いスツールを置いて座っている人が立っている人と同じ目線で会話できるコーナーなど、シーンごとに様々なワークプレイスを設けた。

参考記事