リモートワークの浸透によって、ウェブ会議などのデジタル・コミュニケーションが急速に普及し、情報共有が進んだ。その一方で対面のコミュニケーションが減り、社員の帰属意識が薄れるといった課題も出てきている。どうすれば、リモートワーク環境でも従業員のエンゲージメントを高められるのか。「CHO Summit 2021 Spring」(2021年4月27~28日にオンライン開催)で、LumAppsの松下真子氏に話を聞いた。聞き手は、日経BP 総合研究所 コンサルティングユニット長 Human Capital Online発行人の小林暢子が務めた。 (取材・文=坂下 明子、撮影=川田 雅宏)
LumApps マーケティングマネージャ 松下 真子 氏

社内コミュニケーションがエンゲージメントを左右する

――この1年で働き方が大きく変化したことで今、企業にどのような対応が求められているのか。

松下真子氏(以下、松下):リモートワークの浸透によって、経営者はどのように従業員のアクティビティーを管理・評価すればよいのか、どうすれば全社で方向性を共有できるかといったことを課題だと考えている。一方、従業員は質問や疑問の持っていきどころが分からず、チームワークや帰属意識が希薄になっていると感じている。いずれも、従来のフェース・ツー・フェースのコミュニケーションが行えなくなったことが要因となっている。従業員のエンゲージメントを維持し、業務の継続性を確保するためにも、新たなコミュニケーション手法を確立することが必要だ。

――リモートワーク環境において従業員のエンゲージメントを高めるには、どんなことに取り組めばよいのか。

松下:米ギャラップ社の調査によると、従業員のモチベーションは、経営者のメッセージや福利厚生などの情報がどのくらい伝わっているかに大きく左右されるという。そのため、社内コミュニケーションの果たす役割は非常に大きいといえる。従業員のエンゲージメントを高めるポイントは「組織が目指す方向の理解」「帰属意識」「行動意欲」の3つ。今後は“在宅勤務+オフィス勤務”の「ハイブリッドワークスタイル」を前提に、コミュニケーションツールを活用して、この3点を強化できる環境を整備していくことが必要だろう。

情報の発見・共有・シェアを促進する「LumApps」

――今では、大半の企業がイントラネット上の社内ポータルやグループウエアを導入している。ここへ御社がソーシャルイントラネットと位置付けている「LumApps」を導入すると、どのようなメリットがあるのか。

松下:デジタル化が進んだ現在、従業員同士のコミュニケーションではイントラネットや、「Microsoft 365」や「Google Workspace」といったグループウエアなど社内で管理しているツールだけでなく、ウェブ会議やモバイルアプリ、SNSなどのツールを高頻度で利用するようになった。私たちが提供しているLumAppsは、それらのコミュニケーションツールのハブとなり、情報の発見・共有・シェアという流れをつくる新たなプラットフォームだ。トップダウンのメッセージ配信から従業員同士のコミュニケーション、クラウドでのデータ管理、ビジネスアプリとの連携などを単一のプラットフォーム上で実現できる。社内のコミュニティを管理できるようになることが大きなメリットだ。

――具体的には、どのような機能を備えているのか。

松下:LumAppsの最大の特徴は、専門知識がなくても簡単にポータルサイトを構築できることだ。デザインやレイアウトも細かくカスタマイズできる。グループウエアが備えているディレクトリーと連携してコンテンツ配信を制御する機能も備えている。部署やロケーション、役職などのグループ単位で別々のコンテンツを配信できる。このため、適切な情報を適切な人へ適切なタイミングで届けることが可能になる。利用者は自分に関係のない情報を目にしないで済むので、必要な情報を見つけやすくなる。このほか、社内SNSの役割を果たす「コミュニティ」や、各コンテンツへの従業員のアクセス状況を把握できるアナリティクス機能なども備えている。

――具体的な活用方法を教えてほしい。

松下:LumApps社内でのユースケースについて説明しよう。1つ目は、コロナ禍のリモートワークを支援する事例だ。従業員が孤立しないようにサポートセンターをつくるとともに、リモートワークで必要な情報を一元化するといった取り組みだ。コロナ対策や健康管理の情報も掲載している。  2つ目は、チームやプロジェクトのコミュニティでの活用例だ。営業のコミュニティであれば、最新ニュースや新商品の情報が一覧できることに加えて、ファイルキャビネットの形でセールス資料を収納できる。SNS機能を利用して相談やミーティングなどを行うことも可能で「ここに来れば全てがある」といったスペースになっている。