最新のデジタル技術を駆使して、世の中のあらゆるビッグデータの「見える化」に挑んでいるプラスアルファ・コンサルティング。現在、人事業務にマーケティング視点を取り入れて「科学的人事」を実践するタレントマネジメントシステム「タレントパレット」が注目を集めている。同社の鈴村賢治氏が「CHO Summit 2021 Spring」(4月27~28日にオンライン開催)に登壇し、科学的人事の概要とその効用を解説。併せて、タレントパレットの機能や活用事例を紹介した。(取材・文=伊藤 理子、撮影=川田 雅宏)
プラスアルファ・コンサルティング 取締役副社長 鈴村 賢治 氏

「データに基づいた人材活用」の実現には人事情報の一元化が必須

 デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業が急増しているが、鈴村氏は「社内を見渡すとDXが進んでいる業務と進んでいない業務がある」と指摘する。例えば、マーケティング部門では膨大なデータを分析して顧客の「見える化」して成果を上げている企業が多い一方で、人事部門ではいまだに担当者の経験や勘に頼る、属人的な管理にとどまっている企業が過半だろう。鈴村氏は「人事もマーケティング部門のように、デジタル技術を活用して科学的人事を実践するべきだ」と強調する。同氏は、科学的人事戦略のことを「データに基づいた人材活用」だと説明する。

 科学的人事の導入を進めている企業では、目先の課題解決だけでなく、中・長期的な経営課題としての人材活用を見据えているという。例えば、適正な人材評価制度の運用や人材ポートフォリオの「あるべき姿」の策定、戦略的な人材育成、エンゲージメントを高めるコミュニケーション、優秀な従業員の離職防止などに取り組んでいる。

 そもそも、人事部門はマーケティング部門などに比べて、なぜDXで後れをとっているのか。鈴村氏は「最大の理由は、人事情報がバラバラに管理されている点にある」と指摘する。採用管理は採用担当、研修受講の管理は人材開発担当、評価や異動の管理は人事担当、人事台帳と給与の管理は給与担当などに分かれている上に、別々のシステムで管理されているケースが多い。各業務の効率化・管理強化のために個別に最適化されているが、一人の従業員の人事情報が散在しているのが現実だ。鈴村氏は「これから作るべき仕組みは、一つの従業員IDに時系列の人事情報が集約されている状態だ。そしてマーケティング思考で、さまざまなデータを融合させながら意思決定のレベルを高めることが求められている」と語る。

複数の人事情報を掛け合わせた分析で「科学的人事」を実現

 こうした考えを反映して開発したのが、同社の「タレントパレット」だという。鈴村氏は「マーケティング思考によって人事戦略のDX化を推進し、人事の『今』と経営の『未来』を変えるシステム」だと評する。実際、タレントパレットを導入した企業では、能力を生かした最適配置や、スキルの見える化と戦略的な人材育成、従業員の声の活用とエンゲージメント向上、モチベーションを把握した上での離職防止、活躍人材のデータを生かした採用強化などの取り組みが進んでいるという。

 単一の人事情報ではなかなか価値を発揮できないが、タレントパレットを活用すれば一人の従業員に対して複数の情報を掛け合わせた分析が可能になる。例えば「勤怠」と「評価」を掛け合わせれば、残業時間が少なくて過去3年間の評価が高い「社内のハイパフォーマー」を容易に洗い出せる。画面上に表示された顔写真のアイコンをクリックするだけで経歴やスキル、モチベーションなどを把握できる。人事部門が既に持っている「人事データ」だけでなく、新たに収集すべき「エモーショナル・データ」、将来的に収集できる「メンタルヘルス・データ」も一元的に管理することが可能だ。

 スピード感のある人材配置を実現する「異動シミュレーション」機能も搭載。組織ごとに所属する従業員の顔写真が一覧された画面上で、ドラッグ&ドロップで仮想的に人事異動を実行すると、異動後の組織の情報を示す機能だ。事業部長が「このようなスキルを持った人を何人集めたい」と入力すれば、組織の情報と人材の情報をマッチングして、最適配置案を自動的に作成する機能も備えている。

 多くの企業が課題だと感じている従業員満足度の管理・活用も容易だ。アンケートデータだけでなく、1on1の記録といったテキスト情報をテキストマイニングで分析することが可能だ。

 これらの機能を紹介した後に、鈴村氏は「データを蓄積しながら、人事戦略の仮説検証を日々繰り返すことが、競合他社に差をつける経営戦略の実践につながる」と説明。「科学的人事が、企業の価値や競争力を決める時代がすぐそこまでやって来ている」と語って、講演を締めくくった。