リモートワークへの対応は、従来の業務プロセスを見直して効率化する好機だともいわれている。生産性の向上が重視される現在、紙文書に依存する作業の多い人事部門は、どう変わっていくべきなのか。「CHO Summit 2021 Spring」(2021年4月27〜28日にオンライン開催)で、SmartHRの副島智子氏に話を聞いた。聞き手は、日経BP総合研究所 コンサルティングユニット長 Human Capital Online発行人の小林暢子が務めた。