生産性を向上させる手段として「Activity Based Working(ABW)」が注目されている。「個人が最も生産性が高い場所や時間、相手を自己裁量で選択することができる働き方」を実現するための総合的な戦略のことだ。このABWを取り入れて働き方改革に取り組んでいるのが、最先端の働き方やワークプレイスのあり方を提案するオフィス家具メーカーであるイトーキだ。「CHO Summit 2021 Spring」(4月27〜28日にオンライン開催)において、同社の横溝信彦氏が自社での取り組みを基に人事戦略におけるABWの有用性を解説した。