働く環境が対面とリモートワークのハイブリッドになる中、従業員の公平感と満足度を維持する仕組みを整えることは、企業にとって急務の課題になっている。従業員視点で開発された最新のプラットフォームをグローバルに提供する米サービスナウ。日本法人で事業部長を務める壹岐隆則氏が「CHO Summit 2021 Spring」(2021年4月27〜28日にオンライン開催)に登壇。働く環境の変革に対応しつつ、従業員の生産性とエンゲージメントを高めるための取り組みを解説した。