「人と組織が共に成長するイノベーティブな社会のために」をメインテーマとした「日経ビジネス LIVE 2022 Summer」が6月22日から6月24日までの3日間、オンラインで開催された。各日のサブテーマは、それぞれ「経営」「組織」「人財」。日経BP社では各テーマのステアリングコミッティ(運営委員会)を設立。「全員戦力化」をキーワードに始まった「組織」ステアリングコミッティのパネルディスカッションの模様を2回に分けてリポートする。(構成:加納 美紀、撮影:川田 雅宏)

製造業からデジタルサービス業への変革に挑む

日経ビジネスLIVE 2022 Summer「組織」ステアリングコミッティ

【座長】
日揮ホールディングス 専務執行役員 CHRO・CDO 花田 琢也 氏
【メンバー】
リコー コーポレート上席執行役員 CHRO 瀬戸 まゆ子 氏
サイバーエージェント 常務執行役員 CHO 曽山 哲人 氏
学習院大学 経済学部 経営学科 教授 守島 基博 氏

花田琢也氏(以下、花田):本日のキーワードは「全社員の戦力化」です。「全社員」というのは非常にシンプルな言葉ですが、少し重たいキーワードでもあります。まずは皆さんの会社の「全社員戦力化」の取り組みと、その中で感じている課題について聞かせてください。

花田 琢也 氏
花田 琢也 氏
日揮ホールディングス 専務執行役員 CHRO・CDO

瀬戸まゆ子氏(以下、瀬戸):リコーは製造業のDNAが強いため、もともとチームで働くという企業風土があります。でも、中途採用で入社した私から見ると、縦割り、すなわち機能別のサイロメンタリティーが強いと感じます。内向きのチームの強さはあるけれども、社内の他のファンクションの人には他人行儀なところがあり、スムーズな連携が難しいところがありました。そこで組織のOS(基本ソフト)を変えて組織力・チーム力を高めるという観点で、2つの取り組みを推進しています

 1つ目は、2021年4月から導入した社内カンパニー制です。バリューチェーンがビジネスユニットごとに完結し、顧客に対する自分の価値、チームで一つの目標に向かって成果を上げることが非常に分かりやすくなったということがあります。

 もう一つの課題は「強い父(マネジャー)が考えて決め、子ども(部下)は誠実に父の決定を実行する」という家父長制のような風土が根付いていたことです。今まではそれが強みとなっていましたが、リコーが製造業からデジタルサービスの会社へと変革していく中では、一人ひとりが「考え、アクションを取る」必要があり、補完的にチームが動いていくことになります。そのためには一人ひとりのアカウンタビリティーを明確にする必要があると考え、今年4月からジョブ型人事制度を導入しました。これによって曖昧だったジョブのスコープが明確になったし、「自分の役割はこれ、ミッションはこれ、隣のチームメートは何をやっていて、どうつながっていくのか」が見えやすくなり、補完的に動いていけると思います。

 さらに身近なところでは、リモートワークが日常化していることを生かして、「創ろうOur Normal」というスローガンの下、出社の頻度などをそれぞれのチームで話し合い、業務内容に応じてチームで最適な働き方を目指してもらっています。これまでのように会社としてルールを作ったり規則や指示を出したりするのではなく、自発的にチームで動いて生産性を上げることで、チーム力強化につながっています。

瀬戸 まゆ子 氏
瀬戸 まゆ子 氏
リコー コーポレート上席執行役員 CHRO