――そうでしたか。モナッシュ大学で得たものは大きかったでしょう。

中島:いやいや、短期間だったので「これを学べて、めっちゃよかった」と思うところまではいきませんでした。でも、貴重な挫折体験になりました(笑)。ネイティブとディスカッションする場面では、僕の英語力では全く歯が立たない。中国とマレーシアでの人事経験があるから少しはアドバンテージがあるかと思っていましたけど、全然ダメでした。いやぁ、ホントにいい経験でした。

――それを「いい経験」ととらえているところがポジティブですよ! では、中途採用の試験では、今の部署の方が面接官だったんですか?

中島:はい。今の人事部採用課長が2次面接の面接官でした。2次面接が最終だったのですが、アテンドの人が「面接官が4人いて威圧感があると思うけど、頑張ってください」と事前に教えてくれて。人事部長(当時)、それと人事部の採用課長、企画課長、人事課長の4人がずらりと並んでいて、内心「ウワーッ」て感じでした(笑)。普通の最終面接の面接官は2、3人なんですが、僕の場合「こういう人が応募してくれてるけど、面接したい人いますか?」と面接希望を募ったら「俺も」「俺も」と4人になったんだそうです。

――前職の業務経験に加えてモナッシュ大学への留学経験も、皆さんの目に留まったのでしょう。「中島さんに会ってみたい」と楽しみにしてくれていたわけですね。

中島:そうなんです。面接では驚いたけど、後からそれを知って嬉しかったですね。それで7月中旬に内定して8月1日に入社しましたが、「村田製作所の中途採用史上、最短だ!」といまだに語り継がれています(笑)。

(構成/加納美紀)