SIGNATEがこの10月1日から提供開始したeラーニングシステム「SIGNATE Quest」には、この「AIを活用したビジネスプロジェクトの企画方法」の知識やノウハウが込められているという。具体的には、「どのような課題設定であればAIがきちんと機能しうるか」「AI開発プロジェクトの立ち上げ方や運営方法は」「AI開発プロジェクトのコスト対効果はどう考えればよいか」「AIに学習させるためのデータはどう用意すればよいか」といったことが学べるようになっている。

 このようなビジネスデザインのスキルを備えた人材が企業に増えれば、「企業の中でAIの活用がいっそう進みやすくなる」と齊藤氏は展望する。

 「AI活用の場が広がるということは、AI人材の活躍の場が増えるということ。これにより国家的な課題となっているAI人材が育ち、質・量ともに向上できるのではないか」(齊藤氏)。

 従来、ビジネスデザインに類する業務は企画営業の担当者などが担ってきた領域だ。例えば、彼らがデジタル技術(AI)の知識を身につけるという方法もある。実際、SIGNATE Questはそのような一般のビジネスパーソンがAIを学ぶことを想定した内容になっている。だがひるがえって考えると、要素技術が高度化し、ビジネス環境が複雑化しているなか、企業はあらためてビジネスデザインを職種あるいは役割として定義し、人材のキャリアパスも含めて“デザイン”する必要があるのかもしれない。