シンプルなインターフェイスを入れるだけで企業が変わる

 2007年のiPhoneの出現以降、我々の生活はガラリと変わりました。ショッピングはもちろん、新聞を読むこと、タクシーを呼ぶことなど、これらは今ではスマホ一つですべて手配できます。この環境が当たり前のミレニアルズにとって、昭和の時代の古いシステムは非常にストレスになるものです。我々は、人事が現在手動で行っている数々の手続きをスマホ一つでできるよう、古いシステムや人事部と社員との間に入るインターフェースをサポートしています。

 具体的には、異動や転勤、入社手続きなどを、検索サイトやネットショップのように数回のクリックで簡単に行えるシステムで、日本人の場合の入社手続きは日本語で、それ以外の場合には英語での対応も可能なシステムです。入社の場合は、例えば、スマホで入社手続きを開始すれば「入館証に必要な写真を撮影して送信ボタンを押してください」「PCはウインドウズにするのか? マックにしますか?」と必要な手続きが促され、スマホだけで完了できるというもの。入力された情報やデータは、それぞれを手配する部署へと自動で送られるため、人事部が直接個々の社員に連絡を取り、様々な部署へと出向く……という手間、バケツリレーが必要なくなります。

 自動化できることは自動化すること。今使っている旧システムはそのままで構いません。誰にでもできることをシステムに任せることで、従業員満足度は飛躍的にアップします。従業員を困らせているものを取り除き、日本企業を強くすること。これがサービスナウの願いです。