京都大学経済学部卒業後、1987年住友銀行(現三井住友銀行)入行、1993年より日本総合研究所調査部。調査部長兼チーフエコノミストなどを経て2019年より現職。京都大学大学院博士後期課程修了、博士号取得。労働政策審議会・同一労働同一賃金部会委員などの公職を歴任。『賃上げ立国論』(日本経済新聞出版社、2020年)、『同一労働同一賃金の衝撃 「働き方改革」のカギを握る新ルール』(日本経済新聞出版社、2017年)など著書多数。法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科兼任講師