慶応義塾大学文学部卒業後、電機メーカーを経て1989年に日経BPに入社。パソコン誌や中小企業経営誌の編集記者として勤務し、2016年からフリーランスの編集・ライターに。夫の闘病を支えた料理研究家の介護食づくりの日々を綴った『希望のごはん』(クリコ・保森千枝著 日経BP、2017)、自身のうつ休職からの復職経験を記した『うつのリワークプログラム』(精神科医・医学博士 五十嵐良雄著、日経BP、2018)などを編集・執筆。